FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

サクラ散る@長居スタジアム

 朝刊に目をとおし、ほとんど衝動的に長居スタジアム行きを決めた。今日はJリーグの最終節。首位にたつのはセレッソ大阪で、勝てば優勝だということを思い出し、これまでいくたびも名勝負をみせてもらった長居に足を運ぼうと決心したのだ。
 スタジアムに着いて、係員に
 「チケット発売所はどこですか?」
とたずねたところ、
 「本日の当日券は完売しております」
との返事にしばし茫然としたが、うろうろしていると、親切なおじさんが近寄ってきて、チケット2枚をお譲りいただいた。いつも愛用しているバックスタンドのSB席である。ごらんのように、スタジアムは超満員。入場者数は、43,900人であった。これまでいくども長居スタジアムに足を運んだけれども、満員の観衆をみたのは日本代表の試合だけである。セレッソ単独の試合では、エンボマがガンバにいたころの大阪ダービーで満員に近かったことがあるが、当日券がないほどではなかった。印象に残っているのは、横浜フリューゲルスが消滅した98年の天皇杯準決勝。サンパイオと山口素弘がダブルボランチを組んでいたころで、それまで20連勝していた鹿島アントラーズに1-0で辛勝した。そのときの観衆が2万人。

20051204014227.jpg


 セレッソは大観衆と川上主審を味方につけ、終始優位な試合運びを進めながら、終了間際の後半44分、FC東京の今野に同点弾を決められ、優勝を逃した。2-2の引き分け。あの、ドーハの悲劇のビデオを巻き戻してみているような試合であった。
 セレッソのホームゲームで、4万を超える大観衆。だれがどうみても大阪有利の試合展開だが、サッカーの質と応援は、あきらかに東京が上まわっていた。東京は4-2-3-1の攻撃的システム。サイドの前後に2枚の選手を配して両サイドを制圧した。3-4-2-1の大阪は、サイドが1枚だから、どうしても東京に数的優位を作られる。また、東京はダイレクト・パスを中心とする球離れの早いパス・サッカーをみせたのに対し、大阪はだらだらとしたドリブルが多く、アーリークロスからCFの西澤にあわせるだけ。

 セレッソはあと2分だけ辛抱すれば、Jリーグを制覇できた。なぜ、守り切れなかったのか。それは、守りに入ったからである。終盤、DFラインを下げて、馬鹿蹴りのクリアを繰り返すだけ。むしろキープ力のある選手を投入し、敵陣のコーナーフラッグ近くでキープを続けるべきだった。この点、森島を交替させた小林監督の采配には疑問が残る。いつもの試合で、終盤に森島を交替させるパターンが定着しているとしても、今日は特別な試合であり、老練でキープ力のある森島を最後までフィールドに残しておくべきだった。「勝ちたい」という強い意志をもっている選手が、こういう試合には絶対必要だ。ドーハで中山を下げたオフトと、長居で森島を下げた小林がだぶってみえる。

20051204014242.jpg


 敗因はもうひとつ。サポーターの弱さだ。数は4万人も集まっているのに、応援に迫力がない。東京に対するブーイングがなく、シュートをはずしたセレッソの選手に対する批判もない。わずか2千人ばかりの東京サポーターは
 「やばいぞ、やばいぞ、セレッソ!」
 「負けるぞ、負けるぞ、セレッソ!」
と挑発を繰り返している。数は少ないが、迫力でセレッソ・サポーターをあきらかに圧倒した。大袈裟に評価してさしあげるとすれば、サルフの会戦において、明帝国十万の兵を蹂躙した女真一万の騎馬軍団を彷彿とさせる応援であった。
 
20051204014216.jpg


 data:2005年Jリーグ最終節
     セレッソ大阪 2-2 FC東京
     (得点)大阪:西澤2 東京:鈴木、今野


 阪神ファンの喧噪とはほど遠い沈黙の大阪サポーターのなかで、一人わめいていたのが、鳥取からかけつけた某教授。かれのわめき語録を紹介しておこう。
 「集中しろっ!、集中!!!」
 「ラインを上げろ、早く上げるんや!!」
 「カードだろ、カード!」(この直後、東京のGK土肥にイエローがでた)
 「茂庭ぁ、帰れ、おまえは東京に帰れよ!」
  1. 2005/12/03(土) 23:06:59|
  2. サッカー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<中国ハムと白菜のくたくた煮 | ホーム | 原寸検査 -田和山から美保神社へ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/232-ea21f992

asa

04 | 2020/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search