FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

遥かなまち、くらよし探訪(ⅩⅢ)

R0012694s.jpg


看板建築実測調査プロジェクト始動

 10月18日(月)。今日も武蔵・吉川の二人は倉吉へ向かいます。今回は実測調査を予定している看板建築の内部を見せていただけることになりました。同行していただいた倉吉市文化財課のSさんのお話では、築50年の建物で昔は洋服店を営んでいたとのこと。内部はかなりきれいで、すぐにでも住めそうです。しかし、建物の奥を見るやびっくり! 店舗兼工場として使われていた「みせ」部分の後ろには路地のような細長い土間と、奥に建つハナレ……いや町家の敷地ってながいんですね。「うなぎの寝床」とはよく言ったものです。これには実測初心者の二人もビビリ気味。しかも、調査の日に与えられた時間は3時間。どうやら一日で平面図と断面図を終わらせなければ学校には帰れないようです。ちなみに実測調査は今週の水曜日(20日)から。指導者にはエアーポートさんが抜擢されました!

R0012693s_20101019003908.jpg R0012702s.jpg R0012698s_20101019003907.jpg

 まだ時間が少しあるので、レトログッズ調査&建物分布調査を引き続きおこないましょう。レトログッズの調査は夏休み以来続けていますが、お店の中にはまだまだお宝が眠っていることが判明。これを調査しなければ! さっそく見つけたのは浜本商会さんにあった「スズキフリー号」のホーロー看板。伝説の2ストロークバイク「ダイヤモンドフリー号」、みなさん懐かしいでしょう?

R0012704s.jpg R0012707s.jpg


 建物分布調査はレトロ街をどこに計画するか。そのために、町家、改造型町家(看板建築)、空家・空き地、昭和以降の建物4つに分けた分布図の作成を目指します。今回はその手始めに本町商店街の調査をおこなってきました。倉吉市役所からゲットしてきた白地図を手に持ちいざ!パッと終わらせるつもりだったのですが、白地図と建物が合わない。二手に分かれて攻める作戦だったのですが、けっきょくは二人vs白地図との格闘に。しかも試行錯誤をくりかえすうちに終いには「自分達で分かり易い地図をつくろうか」という意見にまで。本町商店街エリアを調査し終わったときには辺りはすっかり真っ暗でした。次からは調査のスピードアップが課題です。暗くなったら地図が見えませんから。
 しかし、夜の倉吉もオツなものです。犬の散歩をする人や部活帰りの高校生。夕食のおでんの匂いと家族の笑い声。県内有数の観光地ではありますが、庶民の生活感をしみじみ感じます。外灯の光にぼんやりと浮かぶ町家を見ながら本日も帰路につきました。(武蔵)

R0012733s.jpg R0012734s.jpg R0012737s.jpg


  1. 2010/10/22(金) 13:09:20|
  2. 景観|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<摩尼寺「奥の院」発掘調査日誌(ⅩⅩⅩⅩⅩⅩ) | ホーム | 摩尼寺「奥の院」発掘調査日誌(ⅩⅩⅩⅩⅩⅨ)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/2363-920ac5a2

本家魯班13世

04 | 2021/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search