FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

穴太積の石垣 -近江坂本「里坊」の町並み-

ノビタです。

 富山からの帰路、滋賀県大津市の坂本にある延暦寺里坊を訪れました。近江坂本を訪れた目的は、里坊一帯に築かれている穴太積の石垣を、卒論の参考に見ておきたかったからです。自然石を巧みに配して築かれた独特の石垣が、坂本の町なか随所に残っているのです。延暦寺里坊は、比叡山延暦寺の僧達が里坊に住居を構え、妻帯し生活したのが始まりとされており、その街並みは重伝建地区に選定されています。
 富山を朝九時ごろに出発し、途中永平寺に立ち寄り、坂本に着いたのは午後三時過ぎでした。天候は、滋賀までは往路と変わらず雨模様でしたが、坂本では快晴。鳥取の11月頃の気候で、紅葉がとても美しかったです。
 まず訪れたのは、日吉(ひよし)大社です。日吉大社は西本宮、東本宮、宇佐宮、牛尾宮、白山宮、樹下宮、三宮宮から成ります。西本宮と東本宮は日吉(ひえ)造という独特の様式で、正面から見ると入母屋造なのですが、背面を見ると、庇が切れていてスガル破風のようになっています。両本殿は国宝に指定されています。それ以外の宮も重要文化財に指定されています。初めて見る日吉造の神社本殿に感激しました。もちろん日吉大社の随所にも穴太積が使用されていました。
CIMG3561.jpg


次に向かったのが西教寺です。西教寺は天台眞盛宗の総本山で、創建は聖徳太子と伝えられ、文明十八年(1486)に復興されました。西教寺の客殿は伏見城より移築されたもので、桃山様式をよく現しており、重要文化財に指定されています。西教寺にも穴太積の石垣が使用されています。

CIMG3588.jpg


 最期に訪れたのが、滋賀院門跡です。滋賀院門跡は慈眼大師(じげんだいし)が後陽成(ごようぜい)上皇から下賜された歴代天皇受戒の寺だった法勝寺を移築したことに始まります。ここにも穴太積石垣が使用され、とくに正門側の石垣は白壁と相俟ってとても美しかったです。

CIMG3598.jpg


 今回、坂本の延暦寺里坊を訪れ本当の穴太石垣を直に見ることができて、本当に良かったと思います。今後、卒論を書く上で非常に参考になると思います。また、建築物も素晴らしく、お城オタクと呼ばれている僕でさえ感動しました。過密なスケジュールのなか、立ち寄っていただきありがとうございました。(ノビタ)



20051213000409.jpg

 大学院のころ、近江坂本の町並み調査に参加していた。ほとんど役立たずで、里坊や社寺や町並みや石積みの良さにも気づかず、
  「実測で、こきつかわれるのはたくさんだ」
なんて、生意気なことを思っていたものだ。
 京都を離れ、奈良に住みはじめてから、若くて美しかったワイフと、小さくて可愛かった長女をつれて、坂本に遊んだこともある。娘が虫や蟇や猫や渓流が大好きで、夢中になって動かなくなってしまい、ワイフを困らせた。坂本といえば、必ず立ち寄るのが「鶴喜蕎麦」。美味しい蕎麦屋に行くと、冷たいお蕎麦と暖かいお蕎麦を両方注文してしまうものだが、「鶴喜」の場合、調査のあいまを縫って、まず昼に暖かい蕎麦を食べ、つぎに3時の休憩に冷たい蕎麦を食べたものだ。
 その「鶴喜蕎麦」も、奈文研時代に「滋賀県の近代和風建築調査」の一環で実測調査した建造物。いまは、れっきとした国の有形登録文化財になっている。

20051213000425.jpg

 今回、久しぶりに坂本を訪れ、また新たな感銘に浸ってしまった。何かに似ている、と感じたのだ。穴太の石積に囲まれた町並みを歩いていて、日本らしくない、その風景に、
  「朝鮮半島の集落と似ている」
と感じていってしまったのである。忠清南道の古民家集落をみた直後だからなのかもしれないが、穴太といえば、古代からオンドル付き竪穴住居や大壁式地上住居が発見されている地域でもあるから、渡来人が多かったのは間違いなかろう。かれらの石積技術の伝統が町並みのベースになっているのではないか。
 すがすがしい近江坂本の景観に、朝鮮の文化がだぶってみえたのは、はじめてのことである。(ASA)
 
  1. 2005/12/10(土) 23:07:46|
  2. 建築|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3
<<ヒディングのオーストラリア | ホーム | 打出の居住地 -焼けた弥生住居の復元>>

コメント

はじめまして。「日吉大社」「穴太衆」で検索してお邪魔しました。
私も大のお城好きなのですが、ここの石垣は素晴らしいですね。随分以前に訪れましたが、また行きたくなりました。素敵なお写真を拝見しました。お蕎麦も食べてみたいです。
  1. 2009/08/12(水) 01:23:21 |
  2. URL |
  3. クランシー #-
  4. [ 編集]

クランシーさん

コメント、ありがとうございます。
坂本はほんとうにため息がでるほど、
美しい町ですね。
わたしは山陰に住んでいるのですが、
近江、北陸、山陰はどういうわけか
文化的なつながりが強く、昨年は安土城の
仕事をしましたし、今年は坂本の本拠地、
比叡山に通っています。おそらく秋には
トレッキングで坂本から比叡山に上がり、
京都の八瀬におりる「比叡山縦走」に挑戦
することになるでしょう。
滋賀県は文化財の宝庫です。
  1. 2009/08/12(水) 02:57:29 |
  2. URL |
  3. asax #90N4AH2A
  4. [ 編集]

ありがとうございます。素晴らしいお仕事をされていますね。
私は滋賀在住ですが、史跡を回る時間が少なく残念です。安土城と八幡山城を訪れたことがありますが、何度見ても穴太衆の石垣は素晴らしいですね。
次の土日にでも日吉大社、坂本周辺を散策してみようと思います。
  1. 2009/08/13(木) 22:09:59 |
  2. URL |
  3. クランシー #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/241-527ebe7e

asa

06 | 2020/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search