FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

ちあきなおみ

 散髪屋でラヂオ番組を聴いていると、ちあきなおみの特集になった。
 すごい歌手ですね。

 「タップダンスを学び、米軍基地まわりをしていた」という紹介を聴いて、たちまち耳が点になった。まず「濡れた慕情」と「四つのお願い」が流れ、「星影の小径」のカバーになった。凄い歌手ですね。
 最後は「喝采」だった。

 帰宅してしらべたところ、ライブ盤とジャズボーカル盤がとくに評判が良いようなので、さっそく取り寄せることにした。
 ご存じではありましょうが、夫の郷治(宍戸錠の弟)が1992年に急逝したあと、いっさいの芸能活動を断って、表にでなくなっている。そのアーカイブがNHKでなんども放送されて絶賛をあび、ユーチューブのアクセス数も半端ではなく、毎年のようにCDの復刻版や全集版が出続けている。
 美空ひばりと似た履歴をもち、美空ひばり以来の偉大な女性歌手であると書いたら、高橋真理子や天童よしみはむっとするかもしれない。しかしながら、高橋や天童をもってしても、ちあきの世界に届くかどうか・・・
 
 歌が上手いから何でも唱えるのだろうか。上手なドラマーが、ロックだの、ジャズだのと分野にこだわらず、ただの歌伴でさえも見事にこなすように、ちあきというボーカリストは、ジャズだろうと、シャンソンだろうと、演歌だろうと、Jポップだろうと、なんでも上手く唱ってみせる。これこそがボーカリストではありませんか。
 この、なんというか、田舎の場末のスナックのママさん風の艶っぽさがたまりませんね。
 こういう歌手がいなくなってきた。
 あえてあげるとすれば、坂本冬美かな・・・



  1. 2010/12/07(火) 00:24:10|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<摩尼寺「奥の院」発掘調査日誌(ⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅨ) | ホーム | 祝ヴィッセル残留!>>

コメント

ちあきなおみ

 最近、ちあきなおみ大全集というのを聞きました。
 なつかしい曲も多かったのですが、あまり聞いたことがなかった「黄昏のビギン」と「紅い花」が良かったです。特に「黄昏のビギン」はおとなしいアレンジで、ちあきさんも淡々と歌ってるのですが、ことさら趣深い感じでありました。
  1. 2010/12/07(火) 22:40:26 |
  2. URL |
  3. mfu #qbIq4rIg
  4. [ 編集]

mfuさん

mfuさんって、mifuさんですよね?
ご無沙汰してます。こんど「山陰ギターオフ」に行こうかどうしようか迷ってますが、10日〆切の仕事でひぃひぃでして、そのあと決断しますので。
ちあきさんの「黄昏のビギン」凄いですよね。どうやったら、ああいう声がでるのか不思議でなりません。「星影の小径」も良いですが、「黄昏のビギン」のほうがアクセスが多いので、こっちを貼りつけておきます。
では!
  1. 2010/12/08(水) 03:55:02 |
  2. URL |
  3. asax #90N4AH2A
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/2419-cff350bd

asa

04 | 2020/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search