FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

上海里弄(Ⅳ)

02周荘01船01


周 荘

 上海の同済大学に留学していたのは、1983~84年のことである。当時の研究テーマは「長江下流域における明清代住宅」。江蘇、浙江、安徽の3省と上海市郊外で約2ヶ月間、民居(住宅建築)の調査をしてまわった。もちろんそこは水郷地帯である。江南の水郷地帯は農作物が豊かな「天下の台所」であり、網の目のようにめぐる水路が流通を促し経済が発展した。巨万の富を得た商家や地主は、古くから豪壮な邸宅を建てた。それらが「明清代住宅」として今もたくさん残っているし、80年代は今よりもはるかに多くの古民家が群として残っていた。だから、どの水郷の鎮(まち)を訪ねても、日本でいうところの重要伝統的建造物群(重伝建)に匹敵する町並みを目にしたものである。
 ただ、そういう伝統的な集落・都市における生活環境は悲惨なものだった。解放後まもなく、すべての私有不動産は国有になった。大きな邸宅ももちろん私有物ではない。それはいったん国有化された後、複数の世帯に「空間」を貸与された。一世帯に2部屋が原則で、運が良ければ3部屋になることもあった。一例をあげるならば、紹興で調査した寿家台門(幼少の魯迅が住んでいた屋敷)は、80年代前半では13世帯が集住するアパートに化していた。居住者はみな「楼房」、つまり高層のアパートに移り住みたがっていたが、当時の中国は貧しく、十分なアパートを建設する経済力がなかったのである。

02周荘00水郷


 あれから30年近い歳月が流れ、中国は世界第2位の国民総生産を誇る国となった。猛烈な開発が連続する過程で、伝統的な住宅の多くが取り壊され、歴史的な町並み景観が失われたことはいうまでもない。だから、風景保護区となった「江南水郷の鎮(まち)」が観光客を集めるようになっている。上海近郊では朱家尖、周荘、同里の3ヶ所が有名だ。このうち朱家尖は同済大学在学中に調査に行ったことがあり、同里は蘇州古典園林の第2次世界遺産申請評定(2000)の際に訪れた。同里の「退思園」は民国時代の庭園で、こぶりながら趣味がよろしく、周辺の水郷景観との融合がみごとだった。
 今回、初めて周荘を訪問した。行政的には江蘇省昆山市に属し、その最南端にある。春秋時代には「揺城」と呼ばれたが、「周荘」という名の鎮(まち)の成立は宋代にまで下る。鎮のなかには水路が「井」字状にめぐり、町家は正面を街路、背面を水路に接する。これを「前街後河」という。河には14の石造アーチ橋が架かっている。なかでも有名なのが「双橋」だ。明代に建造された「世徳橋」と「永安橋」がL字に連なる。このほか迷楼、張庁、沈庁、全福講寺、貞固道院、南湖園などが町並みのランドマークともいうべき著名な建造物として知られる。
 街には店が多い。豫園ほどではないが、店だらけで、80年代の閑かな水郷が懐かしくなる。その店は中華的だ。誰がどうみても「新天地」的ではなく、「豫園」的である。否、古い時代の豫園の商店と言ったほうが適切かもしれない。

02周荘03路地01商店街

02周荘04草餅02店


02周荘02バー03路地


 もう少しハイカラな店があってもよいのに、と思いつつ、小路をうろついていて(↑)「洪橋音楽吧」を発見した。「洪橋」とはアーチ橋のこと。「吧」はバーである。だから、「洪橋音楽吧」の日本語訳は「眼鏡橋音楽酒場」。煉瓦積の壁と籐の家具で整えたインテリアは、周荘では斬新きわまりない。若い夫婦の経営で、少女が手伝っているのだとばかり思っていたのだが、話を伺うと、夫婦ではなく「姉と弟」二人の経営で、少女は「姉弟の姉の子」なんだそうである。姉弟の姉が外に働きに出ているので、二人で少女を預かっているとのこと。小学校4年生の少女は、わたしがなんど日本人だと言っても信じてくれない。「不相信」を繰り返し、めいっぱい周荘の名所解説をしてくれた。日本では怖い先生で通っているのに、なんでこんなに親しみ深く馴染んでくれるのだろうか・・・

02周荘02バー01家族


 建物の前庭で水餃子を食べた。姉さんの手づくり餃子だ。中身は芹菜(セロリ)と豚肉のミンチ。付け合わせの油菜(アブラナ)は、今朝、畑から抜いてきたばかりのもの。餃子も茹で野菜も、とても美味しい。
 弟さんと長話になった。
 最近よくないと思うことがある。「大学の先生」であることが外見で分かってしまうらしい。研究者であることにプライドはもっているけれども、研究者らしくみえるのは喜ばしいことではない。ところが、出身地については分からないようだ。「どこの人なの、広東人?、それとも台湾人??」と問われて、日本人だと答えると、たいていの中国人は目をシロクロさせる。この店の主人(弟さん)も同じ反応で、「なんでそんなに中国語が話せるんだ?」とくる。

   「同済大学に留学してたんだよ・・・」
   「同済大学なら、陳従周先生がよく調査に来られたんだ、
    周荘の保護計画を決める前後にしょっちゅうおいでになったよ」
   「わたしは陳先生の弟子ですよ。陳先生の指導で江南の水郷民居
    を学んだんです」
   「・・・そうなんだ」

02周荘02バー02庭

 
 そして、主人は一冊の小さな本をもってきた。『周荘』という書名の画冊であり、著者は阮儀三となっている。阮先生は、わたしが留学中に同済大学の准教授だった方で、今はもう名誉教授のはずだ。中国を代表する都市計画の専門家で、「全国歴史文化名城保護専家委員会」の委員を務めている。
 その本を30元で譲っていただいた。少女のおしゃべりに耳を傾けながら、美味しい水餃子を食べ、懐かしい同済大学の先生たちの話題に華が咲いた。路地の隠れ家のような「音楽バー」で、ゆったりとした時間を過ごせたことがなにより嬉しい。

02周荘01町家01




  1. 2011/03/18(金) 18:39:13|
  2. 景観|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<上海里弄(Ⅴ) | ホーム | 続々・青谷の豆腐>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/2527-a0f4cdd4

asa

04 | 2020/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search