FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

第2回「医食同源 ―福祉のむらおこしと古民家再生」

P1.3

 4月21日(木)。竹中工務店のS所長とOさんにお越しいただき、13講義室でプロジェクトの概要を説明していただきました。市街化調整区域のさとに地区を、医療と福祉のエリアに変えていく構想をよく理解でき、地区計画の突破口としての古民家再生の意義も分かりました。ありがとうございます。
 来週28日は、いよいよ里仁地区を訪問します。行程は以下のように決まりました。

   午後3時: さとに田園クリニック 集合
          ①クリニック視察
          ②ぶらり村歩き:田園と路地・風景の視察
          ③古民家訪問

 さらに、学生諸君には課題をだしました。来週までに、「医食同源」もしくは「薬膳」に係わる文献を各自1冊以上借り出して読んでおくこと。その1冊は、次の授業にもってこないといけません。授業後、さっそくメディアセンターに文献探しに行ってもらいました。

 このプロジェクトに関連する分野は多岐にわたり、

   ・農業(田園活用) ・風景 ・料理 ・建築とインテリア ・医薬

などの項目を複合的に考えていかなければなりません。わたしは、以上の要素に加えて、「音楽」が重要だろうという指摘もしました。クリニックの控え室で、患者さんたちの神経を落ち着かせるようなBGMが必要であるように、薬膳料理をふるまう古民家のレストランでも、その空間とメニューにふさわしい音楽が流れているべきでしょう。それもプロジェクトのあいだに考えていかなければなりませんね。



この曲の次にでてくる「僕は一寸」もあわせてどうぞ。「僕は一寸」は高田渡に捧げた曲のようですね。

 また、もうひとつ提案をしました。学生が薬膳と係わる作物を一株植えて、7月の発表会に間に合うように薬膳メニューに取り入れようという提案です。じつは、週末に奈良で13株をプランターに植え込んだばかりなんですが、学生諸君にも、健康によい作物を育ててもらいたいんです。うまくいけば良いですけどね。





  1. 2011/04/24(日) 00:00:20|
  2. 研究室|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<There will never be another you | ホーム | マキムクCG、月刊『歴史人』に掲載!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/2566-e2213d62

asa

04 | 2020/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search