FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

「医食同源」の空間を目指して(Ⅱ)

0519測量01


引き続き実測調査

 5月19日(木)の「医食同源」プロジェクトから、研究室OBのトマトさん(4期生)がO邸の調査に参加されました。ナオキさん、アシガルさんに引き続き、心強い助っ人の登場です。木曜日は、3年生は就職ガイダンスがあるので、先週も今週も参加していません。
 翌20日(金)。3限の授業が終わり同期のおぎんさんとO邸に向かいました。先週に引き続き実測調査です。O邸に到着し 、先発のみなさんと合流。さっそく自分も実測に取り掛かりました。今回の実測には院生のタクオさんと4年のヒノッキーさん、3年のおぎんさんとぼく、1年の匠くん、そしてOBのナオキさん、アシガルさん、トマトさんの計8名でおこないました。トマトさんは、19日からトータルステーションの試運転を始め、いよいよこの日から測量開始です。
 ぼくは前回に続き、2階平面の実測を担当しました。間取りのスケッチは前回のうちにある程度描けていたので、今回は細かい所を図に描き入れ、寸法を記入していきました。距離を測る時にはアシガルさんと匠くんに手伝ってもらいました。実測は何人かで協力することによって楽になり、短い時間で終えることができます。そのコツは、柱筋を30m巻尺を使って通しで一気に測るとのこと。そうすることで、誤差が少なくなり、碁盤目状の柱配置をより正確に把握することができます。

実測Ⅱ


実測1


 実測後はミーティングです。各自が今回の成果を報告しました。

  1)タクオさんは断面図および式台・玄関まわりの矩計(かなばかり)の実測を完了。
  2)ヒノッキーさんは、庭園スケッチをあと1日で完成するところまで仕上げました。
  3)アシガルさんは平側に続き、妻側の立面図を完成。
  4)トマトさんとナオキさんは、使い慣れないトータルステーションに苦戦したものの、
    ヒノッキーさんが仕上げていた庭園スケッチへの座標記入をほぼ完成させました。
  5)NNさんは一階平面図を完成。
  6)匠くんは敷地外を描けば配置図が完成します。
  7)ぼくは、CADで製図してみないとわかりませんが、2階平面図を完成。

 ミーティングの際、タクオさんがぼくの図のおかしな所を教えてくださいました。図の柱を大きく描きすぎていて、スケール感覚がおかしい平面図になっていることがわかりました。実測図はそう簡単に書けるものではないことを実感した次第です。(3年 白帯)

実測3






  1. 2011/05/26(木) 00:00:42|
  2. 建築|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<福岡でも、満員御礼! | ホーム | 第5回「医食同源 -福祉のむらおこしと古民家再生」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/2600-c7242475

asa

12 | 2020/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search