FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

メモリー・オブ・ザ・ワールド

 本年(2011)5月25日、福岡県飯塚市(旧笠松村)出身の画家、山本作兵衛が描き残した筑豊炭田の記録画等697点が「世界記憶遺産」に登録された。200件ちかい世界記憶遺産に、日本の記録が登録されるのは初めてのことであり、それは「なでしこJAPAN」の世界制覇に匹敵する快挙といえるだろう。
 世界記憶遺産(Memory of the World)とは、危機に瀕した歴史的記録を保全し、研究者や一般人にひろく公開することを目的としたユネスコの事業である。より具体的には、楽譜、書物、絵画などの記録物を後世に伝えることを企図しており、1997年から2年ごとに登録事業をおこなっている。世界遺産(WorldHeritage)、世界無形遺産(Masterpiece of the Oral and Intangible of Humanity)とならぶユネスコの三大遺産事業の一つと言われるが、毀損されたり、永遠に消滅する危機に瀕している記録の救済を目的とするため、すでに国内で資料のデジタル化や公開がなされているものは世界記憶遺産の対象とならない。
 山本作兵衛(1892-1984)は7歳の時から父親に従って炭鉱に入り、以来、筑豊各地の中小炭鉱で働きながら、日記や手帳に記録を残した。石炭産業に陰りの見え始めた戦後、63歳の時から絵筆を取って明治末~戦後の炭鉱生活を描くようになり、92歳で亡くなるまでに約2000枚の水彩画・墨画を仕上げている。うち1000点余りの絵画や日記を遺族らが田川市と福岡県立大学に寄贈しており、2009年に目黒区美術館で開催された「‘文化’資源としての<炭鉱>展」にその一部が出品され、再評価の気運が高まった。田川市と県立大は2010年3月、作兵衛の絵画589点、日記65点など計697点をユネスコの世界記憶遺産に申請し、その1年2ヶ月後にみごと登録をはたしたのである。「日本の産業近代化の中で重要な拠点となった筑豊炭田の重要性と、労働者個人による良質な記録性」が高く評価されたという。
 問題は日本政府の動きだが、ながく記憶遺産事業には無関心であり、本年5月11日、ようやく『御堂関白記』と『慶長遣欧使節関係資料』の推薦を決定し、2013年の登録をめざしていた。ところで、記憶遺産は、世界遺産とちがって国際条約ではないため、自治体等が国を介さず登録申請できる。田川市と県立大学の申請は、政府の動きとはまったく無縁であり、むしろ政府と距離をおくことで成功をおさめた希有の例と言えるだろう。作兵衛の残した絵画や日記は文化財に指定されていない。文化庁経由では申請すらできなかったと言われている。つまり、国内での評価が低く、保全のための適切な支援をうけていない、ということである。そういう現実が「毀損されたり、永遠に消滅する危機に瀕している記録」としての評価の一助となったとすれば、こんなに皮肉なことはないだろう。
 それにしても、心配になる。国が推薦する『御堂関白記』と『慶長遣欧使節関係資料』は世界記憶遺産に登録されるのであろうか。いずれも国宝に指定されており、資料化や公開化は国内で十分なしうるではないか。とすれば、世界記憶遺産本来の趣旨とはかけ離れた文字記録でありはしないか。


 わたしは「三徳山」の評価がカテゴリーⅡであることを昨年2月の国際シンポジウムで強調した。かように国の評価が低いわけだから、それに即して戦略を立て直そう、として県内世界遺産候補の主題と範囲の改訂案を呈示したのである。しかし、懺悔にちかい気持ちで内心をうちあけるならば、三徳山が、たとえば中尊寺や高野山に比べて文化財価値が劣るという、その理由がよく分からないでいる。三徳山の「顕著な普遍的価値」が証明されていない、というのならば、中尊寺や高野山だって同じではないだろうか。いったい、この世のだれが、中尊寺や高野山の「顕著な普遍的価値」を証明したというのか。それ以外の多くの登録済遺産についても、ほんとうに「顕著な普遍的価値」が証明できているのだろうか。それらが「国の推薦」という権威に庇護された恩恵を多少なりとも受けていないといえるだろうか。
 日本各地に世界遺産になりたいと願う文化財が多々あって、それをそのまま受け入れるのならば、とんでもないことになるのは明白であり、だからこそ文化庁があまたの候補を篩にかけてランク付けしたくなる気持ちはよく分かる。しかし、そこに見落としや見誤りはないのだろうか。あるいは、従来とは別の評価基準でみた場合、価値が反転するほど劇的に変化する対象はないのだろうか。
 山本作兵衛の作品群が世界記憶遺産に登録されたことを、多くの日本人が誇りに思っている。とりわけ、地方の文化財関係者の大半は拍手喝采を送っていることだろう。
 わたしたちは権威・権力に媚びたモノの見方をしていないだろうか。純粋に対象を評価しているのであろうか。





  1. 2011/08/06(土) 01:37:32|
  2. 景観|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<かき氷完売御礼! | ホーム | 明日からオープンキャンパス!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/2672-15ff7c9c

asa

08 | 2018/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search