FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

木綿街道のこと(Ⅹ)

DSC_1660.jpg


町家の調査(1)

 8月9日(月)・10日(火)にかけて、平田で町家を調査しました。これまでは建物外観の予備的悉皆調査や古写真・文献資料の収集、連続立面図作成用の写真撮影などをおこなってきましたが、今回から本格的に町家の調査(実測)に移行しました。これから秋にかけて何度か平田に通い、いくつかの類型を代表する町家を調査する予定です。
 今回は、平入長屋型でカケダシの残るSa邸(片原町)と切妻妻入町家のSh邸(中町)の2棟を調査しました。調査メンバーは実測経験が少ない学生がほとんどで、前日のワークショップから平田入りしている匠&キム3号も戦々恐々・・・いま、無事に予定通り調査を終えられたことにホッとしております。

DSC_1632.jpg


Sa邸(片原町)
 Sa邸は片原町の街道南側に位置している。片原町については、「木綿街道のこと(Ⅳ)」で報告しているとおり、もとは街道の片側(南側)が原っぱであったことに地名の由来がある。聞き取りによれば、南側に家が建つのは安政四年(1857)以降で、それまでは、北側にしか家並みがなかったとのことである。悉皆調査での聞き取りでも、これを遡る建築年代のものはなく、建物外観からも江戸末期に下るような要素はみられなかった。ほかに、建築年代に関わる史実としては明治九年(1876)の「片原大火」があり、26棟もの建物が焼失したという。

02平田町家03


02平田町家02


 Sa邸は切妻平入形式の三棟長屋(↑)だが、現在は三軒全てS氏の所有になっている。先代までが大工であったことから、内部の改修は少なくない。とくに、戦前に「小屋上げ」をしており、ツシ二階から高二階になったことで外観は大きく変化している。間口七間半(二間半×3)奥行六間で、主な居住空間となっている東側の1棟は地下(カケダシ)へ降りる階段が備わっており、聞き取り等により当初の平面を確認できた。西側に一間幅の通り庭が配され、カケダシへ通じる階段へ連絡する。東側一間半は、前からドマと、続き間となる2部屋が一列に配置する。要は居住空間となる二部屋をL字型のドマ囲まれた平面となる。これは、翌日調査した切妻妻入町家(間口二間半)で原型を確認できたことから、平田の町家平面に共有される重要な特徴となるかもしれない。ちなみに現在は、前面のドマを玄関と上がり間、走り庭をトイレ・台所の水場としている。

R0017694.jpg

 カケダシ(↑)には今も利用する風呂がみられる。以前はどの家のカケダシにも風呂が設けられていたが、現在はSa邸のみとのことだ。また、井戸も備わっており、「船川に面した生活空間」としてのカケダシを実感できる稀少な例だろう。
 小屋組は「束立ち」で軒桁よりも上のレベルに横架材はみられない。これは3階(屋根裏)を「クラ」と呼んで収納の空間としていることから、小屋の空間を少しでも有効に活用するための工夫ともみられる。
 外観については、前述したように高2階に改装されているが、壁材や建具を周辺町家のデザインソースを用いて修景すれば、明治の長屋群らしい姿を取り戻すだろう。(続/タクヲ)

02平田町家01
↑ワークショップに参加した首都大学院のTくんも実測を補助してくれました。




  1. 2011/08/13(土) 03:46:50|
  2. 建築|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<木綿街道のこと(ⅩⅠ) | ホーム | ハバネロ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/2679-038c6805

asa

10 | 2018/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search