FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

シンポジウム「木綿街道の町並み保全にむけて」予報(1)

 この週末、生活時間のほぼすべてをかけて、シンポジウム「雲州平田『木綿街道』の町並み保全にむけて-現状と課題-」(仮題)の準備をしていた。昨年末から続けている「木綿街道」の町家と町並みの調査成果報告会を兼ねて、県内外から優秀な研究者・行政担当官を招聘し、2月末にシンポジウムをおこなう予定にしている。
 まずは人選。ずいぶん考えたが、招聘者5名が固まったので、それぞれの方にあったり、電話したり、メールしたりの繰り返しで、日程は平成24年2月26日(日)の午後と決まり、シンポジウムの構成もほぼ確定しつつある。シンポ会場は、もちろん石橋酒造。
 そして、今日は5時間以上かけて奈良から平田に移動した。夕方7時過ぎにようやく石橋酒造に到着。木綿街道振興会事務局のメンバー、そして調査のため2日前から平田入りしていたタクヲ&アシガルと合流し、シンポの構成を煮詰めていった。すでに、構成の大枠を示すレジメは完成しているが、掲載は控えよう。さらに煮詰まって、派遣申請等の書類処理が終わったら、正式なチラシをアップする予定である。

 8時過ぎから夕食。事務局Hさんの手料理はほんとうに美味しい。今夜は鍋だった。地酒もうまい。
 そうそう、木綿街道の事務局に地元の若者H君が加わっていた。H君はS根大学の4年生で、都市計画を専攻している。卒論は漠然と平田のことについてやりたいというので、「都市計画道路の拡幅などで撤去される町家の移築計画」に取り組んだらどうか、と提案したら、結構その気になっちゃいまして、ひょっとしたら環境大とのコラボが実現するかもしれない。正直、都市計画の話をすると頼りない感じもあったのだが、話題がサッカーになると俄然目が輝いてきた。いまは休憩中らしいが、中高校時代はストッパーとしてならしたそうだ。好きなセンターバックはピケ(バルサ)。わたしはボランチの選手が最も好きだが、ゲームメークのできるストッパーも大好きで、ひょっとしたら、サッカーでも意気投合するかもしれない。

 出会いは大切だね。



  1. 2011/10/16(日) 23:33:12|
  2. 景観|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<摩尼寺「奥の院」遺跡の環境考古学的研究(Ⅲ) | ホーム | 哀悼、柳ジョージ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/2741-9b1dfdbb

asa

05 | 2020/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search