fc2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

サテンドール(Ⅵ)

F1000027.jpg


ポーズ -時は消え去りて

 特養を訪問するには、小銭が必要だ。べつに入園料が必要なわけではない。お袋に自動販売機の缶ジュースを買ってやったり、菓子を買う小遣いを与えたりするだけのこと。ところが、あの日、財布には5千円札が1枚あるだけだった。そうだ、「ポーズ」に行こう、というアイデアが浮かんだ(お茶すれば、お釣りがもらえる)。『ならカフェ』に紹介されている店で、特養の近くにあるのだが、よく閉まっていて、まだ入ったことがない。
 店は開いていた。壁にかけてあるニール・ヤングのLPジャケット『今宵その夜』がただちに視野に飛び込んできた。『今宵その夜』の隣はディランの『フリーホイーリン』だ。嬉しくなった。田舎のアメリカにありそうなカフェをイメージできるインテリアで、家具の大半は中古だと思われる(間違っていたら、ごめんなさい)。
 珈琲とワッフルを注文した。そこで、一人だけいた客が消えた。これ幸い、「ニール・ヤングを聴かせてくれませんか」と頼むと、ホットパンツのアルバイターは厨房のマダムに相談し行った。以下、問答。

  「ニールのCDなら、たくさんありますよ」
  「『時は消え去りて(Time Fades Away)』ていうライブ盤はありませんか?」
  「あれっ、どうだったかな? こちらの棚に並んでいるCDをちょっとみてください。これは?」
  「Old Ways」
  「カントリーだなぁ」
  「Harvest Moon」
  「これも、カントリー」
  「Greatest Hits」
  「文字どおりの、ベスト盤です」
  「Everybody Knows This Is Nowhere」
  「これ、デビュー作? 2作めか」
  「Harvest」
  「これがいちばん売れたんだ、これでもいいけど」
  「Unplugged」
  「90年代の名ライブだね、まだ若かった・・・」
  「Living With War」
  「還暦記念反戦アルバム」


F1000029.jpg


F1000028.jpg


 という流れで、棚に並ぶニールのアルバムをほぼ漁ったのだが、『時は消え去りて』はみつからなかった。あとで調べてみたのだが、『時は消え去りて』はCD化がなされていないようである。想い出深いLPなんだけどね。とくに下に貼り付けたバラードが良かった。
 こうなると、まぁ『ハーヴェスト』ですよね。極楽でした。リクエストでニール・ヤングを流してくれる店が近所にあるなんて。リピータになること、間違いなし。
 さらに驚いたことに、マガジン・ラックにブルータス別冊のコルビジェ特集号を発見した。ニール・ヤングとコルビジェですよ。いったい何なんだ、この店は。
 『ハーヴェスト』は「オールド・マン(老人)」まで聴いた。「アラバマ」まで粘りたかったのだが、時間もないし、「時は消え去りて」と「老人」のイメージがだぶっていて、ちょうど潮時だと思ったのである。

 F1000033.jpg cafe-PAUSE.jpg

 




(この映像は『時は消え去りて』とは無関係です)
  1. 2011/11/02(水) 00:09:08|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<サテンドール(Ⅶ) | ホーム | つけ爪(Ⅱ)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/2754-90d5808f

本家魯班13世

11 | 2022/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search