FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

摩尼寺「奥の院」遺跡の環境考古学的研究(Ⅴ)

004埋め戻し001


ハンド・オーガー・ボーリング調査の完了

 摩尼寺「奥の院」遺跡のハンド・オーガー・ボーリング調査は11月7日で終了しました。
 以下、今回のボーリング調査の過程を振り返っておきます。

9月1日
 測量業者W社を案内し、現場を視察。後日、W社の3名と研究室側3名で協議するも、W社はハンド・オーガー・ボーリングの難航を示唆し、業者委託を断念。その後、複数の考古学者の意見を聞き、測量業者A社からハンドオーガー、ハサミスコ等の器材を借り受け、研究室独自でボーリング調査に挑戦することになった。

10月7日
 Ⅱ区トレンチの縄張り、土嚢あげ(ナオキ担当)。

10月16日
 Ⅰ区トレンチの縄張り、土嚢あげ(ナオキ、匠)

10月20~21日
 ハンドオーガー調査を実施(「摩尼寺「奥の院」遺跡の環境考古学的研究()()」参照)。Ⅱ区は地表面か320センチ、Ⅰ区は220センチの掘り下げに成功。地山らしき地層・岩盤を確認。


002ハナとブチ01
↑門脇茶屋喫茶部の猫。左の黒猫がはな、右がブチ。

003レベル1107


11月7日
 教授、ナオキ、白帯、トマトが午後1時に門脇茶屋喫茶部に集合。猫2匹の写真撮影(前頁下)。その後、遺跡へ。教授は前夜、東京からのお客様たちと深酒されたらしく、登山が辛そうでしたが、それでも白帯くんやトマトさんよりは断然速く歩かれました。アルコールがだいぶ体外にでたようです。
 「奥の院」遺跡到着後、Ⅰ区・Ⅱ区トレンチのレベル測量をまずおこないました。ボーリング・ピット以外の数ヶ所(地表面含む)のレベルを再確認するためです。その後、まずⅡ区を埋めもどし、コーヒー・ブレイク。山上で飲むコーヒーは、ほんと美味しいですね・・・教授はその後、最後の「雉打ち」のため竹林に消えました。この日は巻紙ではなく、手紙でしたが、ここで、懐かしの一句を。

   雉打つに 巻紙落ちて 奥の院


 続いて、Ⅰ区トレンチの埋め戻しに。作業分担は、まずナオキがトレンチの底に土嚢を詰め、先生はスコップで土をテミに移し、それを白帯とナオキがトレンチに流し込み、トマトが土を踏み固めるという流れです。最後は、残った荷物を4人で分担して持ち山を下り、ハンドオーガー調査は晴れて終了しました。(ナオキ)


004埋め戻し003






  1. 2011/11/09(水) 12:52:15|
  2. 史跡|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<シンポジウム「山林寺院の原像を求めて」予報(Ⅱ) | ホーム | あなうらめしや(Ⅳ)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/2762-9773fe88

本家魯班13世

07 | 2021/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search