FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

金剛と道元

 昨夕、鳥取空港でハマダバダの一方とばったり。仙台出張のため、今晩は東京で1泊するという。浜松町で一杯つきあってもらった。
  「どこに泊まるの?」
  「五反田です」
 じつはわたしも、以前は五反田のホテルを定宿としていたのだが、福島市教委に所属するある助平から、
  「センセィ、五反田はデリヘル充実してるんでしょ?」
と訊ねられたのを契機に宿を移した。当時はなんにも知らなかった。デリヘルとは何ぞや。しばらくして、デリヘルがデリバリー・ヘルス(出張ヘルス)の略であることを知った。要するに、五反田は「風俗」先進地の一つとして、東京以外でもひろく認知されていることがわかったので、最近は上野方面のビジネスホテルに待避している。
 だから、ハマダバダの一方に訊ねたのである。
   「五反田って、デリヘル充実してるんだってねぇ?」
   「えっ、そうなんですか?」
 知って知らないふりをしても、人間、顔にあらわれるものである。よくよく考えてみれば、かれの奥さんはおなかが大きく、
   「嫁が妊娠中、男はいちばん浮気しやすいんだよな?」
   「あっ、そうらしいですね・・・」

 なかなか美味しい中華レストランで広東料理を食べ、紹興酒のデキャンタを2本あけた。浜松町から上野と五反田に向かって別れたのは9時半ころだった。それからの二人がどうなったのか、だれも知らない。

 なんていう冗談はさておき、酒席での話題は妻木晩田に集中した。どうもよからぬ噂がひろまり始めていて、その風聞がこちらの耳元にまで届いていることにかれは驚いていた。
   「みんな禅でも学べばいいんだ」
   「そうですね」
   「永平寺で修行するか?」
   「あっ、でも、むかし妻木晩田にいたストロング金剛、あの住職も曹洞宗だから、永平寺で修行したはずですよ・・・」
 おもわず絶句した。住職の身でありながら、外車を3台乗り回し、酒池肉林におぼれていたあの金剛が永平寺で修行したなんて。
 道元の叡智も金剛には通じない。



 
  1. 2006/01/26(木) 21:46:08|
  2. 史跡|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<タイタニックのように  | ホーム | 今後の班編成>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/291-1a62e0ca

asa

04 | 2020/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search