Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

奥飛鳥の文化的景観(Ⅱ)

2012入谷02


耕して天に至る

 店をでて栢森の集落を歩く。清々しい。建造物(群)の質も高い。ただ、答申書にいうほど「大和棟」の民家は多くない。むしろ入母屋造茅葺屋根にトタンを被せた民家か、塗家造の厚い外壁に太い台格子の窓をはめこんだ豪壮な町家風の邸宅や長屋門が目をひく。栢森の売りは「アライバ」である。飛鳥川が畑谷川、寺谷川、行者の川に枝分かれする分岐点に栢森は位置している。甌穴の連続する寺谷川の清流が集落を貫き、その渓流に下りていく石段がたしかに残っている(Ⅰの写真を参照)。
 渓流の源流域に目をやると、山上に入谷(にゅうだに↑)の集落がみえる。「天に届く村」のようだ。671年、大海人皇子(おおあまのみこ=後の天武天皇)は、兄の天智天皇から皇位譲位の打診をうけるも陰謀を察知し、近江大津宮から飛鳥嶋宮を経て吉野に身を隠す。栢森から寺谷川沿いを遡上し、芋峠を抜けて吉野にでた可能性が高いという。入谷は芋峠の谷筋とはすこしずれた山間部にあるけれども、大海人皇子と深く関連づけられており、海女(あま)族の隠れ里という伝承がある。その一方で、入谷の「入(にゅう)」は水銀(丹生)のことで、かつて水銀採取がおこなわれていたとも伝わる。わたしは、稲渕の棚田にあった稲藁積(ニウ↓)をみて、「入(にゅう)」を藁積ではないかと思った。とても水田が作れないような高地に棚田があり、秋の収穫期になると、ニウが階段状に群れをなし天に向かう・・・所詮、想像でしかないけれども。

2012入谷04ニウ


 入谷は「集村」ではない。かといって、「散居村」というほどでもない。人文地理学には「疎塊村」という概念があったように記憶しているが、それが集村と散居村の中間的定義だとすれば、入谷は山上の疎塊村というべき集落であろう。入谷を歩きながら、家内の故郷を思い起こした。入谷は佐治谷の津野、津無、あるいは河原町の神馬を想わせる。津野・津無は集村だが、神馬は疎塊村だ。入谷と津野ではどちらが山奥か、というような議論になった。似たようなものだと思うのだが、たしかに車の便は津野のほうが少しよいかもしれない。


2012入谷01


2012稲淵01


 稲渕の棚田は、「日本の棚田百選」から重要文化的景観に展開した典型例であり、面積は25ヘクタール、3.8kmに及ぶ灌漑用水路「大井手」によって維持されている。1996年より棚田のオーナー制度を始めている。上流側に集落があり、その対岸の車道沿いに「棚田憩いの館」がある(↑)。福岡の「竹の棚田」でも同様の施設があった。棚田百選に対して助成される施設なのか? 石舞台に近い集落の下流に「稲渕棚田」の大きな看板があり、その西~北側に広大な棚田がひろがる。看板には「The Ownership System since 1996」の英文も記されており、左右の杭には「奈良県中山間ふるさと水と土保全基金事業」「稲渕棚田ルネッサンス実行委員会」の銘もある。また、道路対面には「第16回案山子コンテスト」の写真が多数貼り付けてあった。

 2012稲淵04看板 2012稲淵03案山子


2012稲淵02


 稲渕集落の民家は山麓の傾斜地に立地しており、道路沿いに高い石垣が築かれている。それが景観上、とても重要なコンポーネントになっているのだが、棚田には石垣がない。これはおそらく、山の斜面が緩いことと関係があり、傾斜が緩いからこそ、ひろい範囲に棚田が形成されたのだろう。日本有数の広大さを誇ってはいるけれども、傾斜が緩く石垣がないために、佐賀、福岡、大分の棚田ほどのインパクトを感じなかった。ここで、李鴻章の一文が頭をよぎる。日清戦争講和のために来日した清国全権の李鴻章は、瀬戸内海の島々の段々畑をみて、日本の貧困に驚きながら、清の国力を嘆いている。

   耕して天に至る。以てその貧なるを知る。
   しかるに我が国土広大なるも、国力において劣れり。

 彫刻家の姉は、どういうわけか、棚田や段々畑に興味を抱いている。李鴻章の「耕して天に至る」という句をとても気に入っていて、それを彫刻で表現したいと九州で語った。李の謂う天とは唯物的な「空」のことであろうが、姉は形而上の「天」を意識している。そういえば、フィリピンの世界文化遺産「コルディレラの棚田」にも STEPS TO HEAVEN という愛称がある。急勾配の斜面に石垣を築く九州の棚田には「天国への階段」の風情を十分感じとれるが、緩やかで広大なる飛鳥の棚田にその印象は薄い。
 天に最も近いのは入谷の疎塊村と耕地であった。


2012稲淵05

  1. 2012/04/03(火) 23:08:35|
  2. 景観|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<さよなら、ビアンキ | ホーム | 奥飛鳥の文化的景観(Ⅰ)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/2913-5f6f5b72

asa

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search