FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

タイタニックのように 

 小学生のころ、親が結構きびしくて、金曜夜8時から放映されていた「日本プロレス」中継をみせてもらえなかった。プロレスの全盛期である。そうこうしているうちに、力道山が創設した日本プロレスは崩壊し、馬場は全日本プロレス、猪木は新日本プロレスをたちあげた。新日本プロレスの創設は中学校2年のときだった。テレビと言えば、NHKと日本海しかないころだから、NET(今の朝日テレビ)系の新日本プロレスが放映されるはずもなく・・・、というのは真っ赤な嘘で、日曜の午後2時ころから2~3週間遅れの放送が始まり、わたしは毎週必ず新日本プロレス中継にかじりつくようになっていた。
 猪木については、いろいろ悪口を聞く昨今ではあるけれども、あのころの輝きたるや神々しいばかりで、対ジョニーパワーズ、対ストロング小林(後のストロング金剛)、対キム・イル(別名大木金太郎)、そして数々の異種格闘技戦などに固唾をのみ、我を忘れ、わたしはのめり込んでいった。それが八百長だろうが、芝居だろうが、エンタテイメントだろうが、別にどうでもいい。あれだけ観衆を惹きつける芝居ができるなら、それだけでその人物はたいしたものだ。それほど猪木は輝いていた。
 わたし自身ふりかえるに、ギターとサッカー以外で、あれほど夢中になってしまったものはほかにはなかった。当然のことながら、週間ゴング、週間プロレス、週刊ファイト、大阪スポーツなどの雑誌や新聞を読みあさった。本屋での立ち読みが多かったと言いたいところだが、じつは結構お金をつぎこんでいて、週刊ファイトという新聞を近鉄電車でひろげるわたしを「恥ずかしい」とたしなめ、嘆く知人もいた。
 しかし、いつごろからだろうか、雑誌を買わなくなった。たしか、ノアと新日本が対抗戦をやっていたころまではたまに買っていて、つい先日、ベッドの下にころがっている週刊プロレスを発見した。G1の決勝で、天山広吉が秋山準を破って優勝したときだから、2年半ぐらい前だろうか。そのころはまだ、無性にプロレスの試合をみたくなる自分がたまにいて、深夜番組でプロレスに出くわすとほくそ笑んで夜更かししていたものだ。

 昨秋、長州力が新日本プロレスの現場監督に復帰した。猪木をさんざん批判して新日本をやめた長州が、なぜ新日本の責任者に復帰するのか、不思議に思ったものだが、まもなくその謎は氷解した。猪木は自らが所有する新日本プロレスの持ち株をすべて、株式会社ユークスに売却してしまったのである。自分はもう新日本を手放すが、現場の責任者たりうる人材は長州しかない、というのが猪木の判断だったのであろう。
 猪木の株売却は、事実上、プロレスの終焉を意味する。すでに十分「プロレスは終わって」おり、だからこそ、わたしのようなフリークが雑誌を買わなくなってしまったわけだが、プロレスの伝道者が自らステージをおりてしまった事実に驚きを禁じ得なかった。残された者、とりわけ若手レスラーに未来はあるのだろうか。

 昨夜、コンビニで『新日本プロレス「崩壊」の真相』という雑誌をみつけた。『別冊宝島』1260号(880円)である。本を開くまでもなく、表紙をみて、この本を買うことにした。2年半ぶりに買うプロレス関係の雑誌である。じつにおもしろい。猪木がいかに悪人であるのかがよくわかる。長州が激怒するのは当たり前だ。ところが、その長州にしても、若手から猛反発を買っており、その嫌われ方は契約更改の障壁にまでなっていて、離脱者続出、新日本の体制を揺さぶっている。
 しかし、そんなことはどうでもいい。問題は栄枯盛衰に隠れた現実の怖さである。別冊宝島編集部は、この特集号の序で次のように警鐘を鳴らしている。

  黄金時代の新日本プロレスは、自らの「逆境」を想像できなくなっていた。
  船底に穴が開いても、楽曲の演奏が続けられた「タイタニック号」のごとく、
  現実から目をそらし続けてしまったのである。

 厳しい現実に目をそらし続ける人びとは、わたしのまわりにも少なくない。転覆は近いのに。

 
  1. 2006/01/27(金) 19:39:14|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<Song for You | ホーム | 金剛と道元>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/292-4d5105b5

asa

12 | 2020/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search