Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

卒業-第21回六弦倶楽部練習会

21六弦03


 妻木晩田遺跡を離れてそのまま第21回六弦倶楽部練習会へ。西伯郡伯耆町福兼の「いすず大山コテージ」内にある「山の家」が今回の会場です。 チョトロク代表の別荘(スタジオ)でして、まぁ立派なお宅に驚きました。練習会は1時すぎから始まりました。参加者は6名と少なめで、発表会というよりも、まさに練習会という緩い雰囲気で進んでいきました。残念だったのはビールが飲めなかったこと。みんな車で来てますからね、ノンアルコール・ビールで我慢するしかなかったわけです。
 今回わたしは出し物というほどのものを用意しておりませんで、ふだんソファで弾いては配偶者に「五月蠅い」と叱られ、練習を邪魔されている曲目ばかり披露しました。
 演奏曲目は以下のとおり。ギターはヘダウェイのエレガットです。

1.卒業

 長谷川きよしのシングル2曲めの作品(1971)で、能吉利人の詞が衝撃的。とくにお気に入りの部分は、「鉄砲1本握りしめ、だれかを殺しに風の中。バカな話さ、大人になるなんて」。学生生活を終えて、社会人となる若者の心情をじつにうまく表現している。
 前にも述べていますが、わたしはこの曲が大好きでして、じつは、ヒノッキーの卒業にあわせて練習を始めました(が、ついに彼女の前では唱わなかった)。「フォーク大全集」に簡単な譜面が掲載されているのですが、コードは間違いだらけ。ずいぶん修正が必要でした。いくつかの循環コードとそれに伴うアドリブの学習にこれほど役立つ曲はありません。たとえば、出だしはCmaj9-Am7-Em7-A7が2度くり返されて、終わりのほうはDm7-G7-G7♭9-Cmaj9。スケールは3つで足ります。また、代理コードとしてB♭maj7、E♭maj7、A♭maj7などもでてきます。これらのアルペジオを弾いてるだけでジャズっぽく聞こえます。
 チョトロク代表以外の参加メンバーは、この曲が長谷川きよしの作品だということを知らなかった。配偶者に至っては、「あの曲はな~んにも感じない」とくる。
 ミフさん、このとおりなんですよ・・・どおして来られなかったんですか!?

21六弦06合成


2.メドレー: You'd be so nice to come home to ~ 伊勢崎町ブルース
 
 青江美奈にはまっていたのは、2010年末から2011年の年初あたりで、『The Shadow of Love』と『Passion Mina in N.Y.』という2枚のニューヨーク録音アルバムについてlablogで紹介しています。前者はジャズのスタンダードをオーソドックスに歌い上げた作品であるのに対して、後者は演歌の凄みを残してファンキージャズ風に仕上げた作品。今回は後者に収録された「伊勢崎町ブルース」を強く意識して編曲しました。代理コードを使いまくり、テンションをきかせたコードにウォーキングベースを絡ませ、マイルストーンもどきのリフも採用。前奏には、ヘレン・メリルでお馴染みのYou'd be so nice to come home to をもってきて、間奏部はモードっぽいアドリブパートを8小節挿入していたのですが、アドリブに関しては練習不足でした。出来がよいとは言えませんが、チェアーで眠っていたマコトさんが目を見開いてくださってたので(マコトさんはこういう曲を練習中?だとか)、それなりの衝撃はあったのかもしれません。
 最近は譜面などというものはまったくみないのです。弾きたい曲があれば、適当にコードを配列させて弾いていく。そこから徐々にコードを変えていくわけです。どんな代理コードが良く響くのか、どんなテンションが適切なのか・・・などと考えながら適当に弾いている。それがなんとか形になれば人前に出せるレベルにはなる。人の曲ではありますが、このアレンジには私の知的財産がたっぷり染み込んでいる。こんな風にお茶を淹れる場合、「オリジナリ・ティー」と言うんです、だはは・・・
 こういうやり方でしばらくギターを弾いていく予定です。



21六弦05
↑大山はいつみても凄い迫力。

21六弦04


 チョトロク代表ほか六弦倶楽部のみなさん、今回も楽しい時間をありがとうございました。奈良に帰るということで、お先に失礼し、まことに申し訳ありませんでした。

 ところで、以下の提案を「六弦倶楽部」のサイトにコメントで提案したのですが、「還暦」なんぞ嬉しくもなんともない、と会長に叱られてしまいました。

--
 ところで、チョトロク代表、月太郎さん、せっつぁんは今年で還暦を迎えられます。ぜひ祝賀会(練習会)をやりましょう。わたしは、あのイタリアン・レストランを会場としていたころの練習会がとても懐かしい。10人ぐらいのメンバーが全員家族や仲間を呼んでライブを演りましょう。
 クリスマス・パーティがよいのではないですか?
 皆様、なにとぞご検討ください。
--

 こういうとき、祝賀会の対象者(ご本人)は固辞するものです。まわりのメンバーがどう考えるか、ですからね。代表以外のみなさん、裏で通じ合って相談しましょうね!




  1. 2012/05/05(土) 23:52:09|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<神々への祈り(Ⅰ) | ホーム | むきばん建築クリティーク(Ⅱ)>>

コメント

残念です!

卒業! 僕もこれは好きですね。
それは聴けなくて残念です。眠くて運転が危険視されましたので、欠席させていただきました。
asaxさんの弾いてらっしゃるコードは僕が弾いてるのとは、少し違うようです。最初は僕はCM7で弾いてます。終わりの部分もC-Adim-Fm6-G7-CM7で弾いてました。
勉強になりました。ありがとうございます。
  1. 2012/05/06(日) 20:16:19 |
  2. URL |
  3. mifu #-
  4. [ 編集]

mifuさん

コメントありがとうございます。
CM7とCM9は同じですよね。レを付けたり、付けなかったり・・・サビの最後は、ぼくもC-Adim-Fm6-G7-CM7で弾いていますよ。Aパートはちょっと違いますね。
次回は7月下旬だそうです。前期末でいけるかどうか怪しいですが、準備だけはしておこうと思います。ご一緒できる機会があれば、もういちど「卒業」を演りますよ。
お三方の「華甲」の件、なにとぞ頭のなかにとどめておいてください。
  1. 2012/05/06(日) 21:22:36 |
  2. URL |
  3. asax #90N4AH2A
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/2945-d5e890b9

asa

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search