Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

神々への祈り(Ⅱ)

01石巻02鯉のぼり01


猫と桜と鯉のぼり-石巻・女川

 仙台、多賀城、塩釜ももちろん被災地である。今はその姿がみえにくくなっているだけのことであり、仮設住宅地や巨大な土嚢袋などが散在している。仙台空港の近辺には石油スタンドが今も復活していない。塩釜から北上し、松島(一月末に瑞巌寺を視察)を経由して北上していくと、石巻で風景が変わる。港湾に近づくにつれ、倒壊した建物、基礎だけとなった敷地、山のように積み上げられた瓦礫に目を覆うようになる。そんな荒廃した光景のなかで、鯉のぼりの群が目を引いた。橋の両側に水色の鯉が勢いよく泳いでいる。
 5月1日。子どもの日は近い。港湾近辺に居住者はいない。子どももいないはずだが、被災地の未来を担う鯉なのかとも思った。まもなくコメントが入り、事実を知った。以下のサイトをご参照いただきたい。

  http://www.wadaiko.info/ritsunoyume/oomagarihama.html

 青い鯉のぼりは、震災で亡くなったこどもたちへの贈り物である。

 石巻の瓦礫は片づき始めているが、まだあちこちに散乱している。言葉にならない。言葉にするよりも、写真をみていただいたほうが早いだろう。他の被災地と異なるのは、建て残った住宅がところどころにみられることだ。陸前高田など、大型のビルを除けば、住宅は跡形もない。だから「良かった、幸運だった」とは決していえない。建て残ったとはいえ、居住施設としては使いものにならないだろう。形あるものも、じつは形がない。

01石巻03

01石巻03


 石巻港から女川港にむかう途上山側に指ヶ浜地区仮設住宅があり、、そっと視察させていただいた。そこに猫がいた。津波と地震で多くの人間が亡くなったように、猫や犬も命を失った。漁港・漁村はとりわけ猫の多い地域である。魚に群がる猫が溢れているのだ。仮設住宅でみた猫は災害に耐えて生き残った。おそらく、避難者が猫を抱きかかえて高台にあがっていったのだろう。かりに、わたしが自宅近くで被災したとしても、猫を連れて逃げた。パソコンは諦めても、猫は捨てていけない。一緒に住んでいるもの以外、この気持ちは分からないかもしれない。


02女川02仮設住宅01指ヶ浜地区



02女川01


 石巻から女川へ北上するにつれ、桜は散り始めから満開状態に復されていった。快晴の空に映える桜の美しさ、はかなさと、無惨な被災地の光景の不釣り合いなバランスに、心も均衡を崩している。なんとも言い難い。
 女川からさらに北上し、カーナビの指示にしたがって車を進めていったが、山道の行く先に追分温泉の木造施設があらわれ、このあたりで日が暮れてきた。仙台のホテルに戻るしかないと判断した。

02女川04



「神々への祈り」(Ⅶ)(Ⅷ)は LABLOG 2G に掲載しています。

神々への祈り(Ⅶ) http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-6.html
神々への祈り(Ⅷ) http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-5.html


「神々への祈り」シリーズ(Ⅰ)~(Ⅵ)は、LABLOGの以下のサイトでご覧になれます。

神々への祈り(Ⅰ) http://asalab.blog11.fc2.com/blog-entry-2947.html
神々への祈り(Ⅱ) http://asalab.blog11.fc2.com/blog-entry-2948.html
神々への祈り(Ⅲ) http://asalab.blog11.fc2.com/blog-entry-2953.html
神々への祈り(Ⅳ) http://asalab.blog11.fc2.com/blog-entry-2949.html
神々への祈り(Ⅴ) http://asalab.blog11.fc2.com/blog-entry-2950.html
神々への祈り(Ⅵ) http://asalab.blog11.fc2.com/blog-entry-2951.html

  1. 2012/05/07(月) 13:29:17|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<神々への祈り(Ⅲ) | ホーム | 神々への祈り(Ⅰ)>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/05/07(月) 15:42:56 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

青い鯉のぼりプロジェクト

コメント、ありがとうございます。
さっそく修正しました。
明日からも間違いが多いと思います。
ご教授ください。
  1. 2012/05/07(月) 19:51:31 |
  2. URL |
  3. asax #90N4AH2A
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/2948-0a16430e

asa

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search