FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

500マイル

 わたしにとって最初の「500マイル」はブラザース・フォアだった。小学生のころ、兄のLPで聴いた。ものすごく良い曲だと思った。ディランの曲とか、そういうのではなく、本当のフォークソング(民謡)だというのもお気に入りの理由の一つであった。その後、PPMやジョーン・バエズや坂庭省悟などの歌う「500マイル」を聴いて、どれもこれも素晴らしいと思っていたのだが、まさか石原裕次郎まで歌っているとはね。1966年の録音です。裕次郎の「500マイル」は英語の歌詞だけでなく、日本語の訳詞も含んでいる。幽かな記憶ではあるけれども、「500マイル」の和訳詞には、高石友也と忌野清志郎のものがあって、坂庭は前者、松たかこは後者の詞だったはずだ。
 裕次郎の「500マイル」はだれが訳したものだろうか。とてもシンプルでこなれた歌詞になっている。アレンジもいいね。ギターはアコギではなく、ナイロン弦のガットギターだと思われるが、エンディングをブルースっぽくしているところがおもしろい。






 若き日のブラザースフォー。楽器の編成に注目してください。左から4弦テナーギター(リードをとっている)、バンジョー、6弦ギター、ウッドベース。曲は「500マイル」「風は激しく」「七つの水仙」。カントリーに流れ過ぎてなくて、フォークの正統っていうところがいいね。バンドは楽器の腕前よりも、コーラスが肝ですね。




 
 これはいつごろのブラザースフォーだろうか。おそらく2名はメンバーが替わっている。「トライ・トゥ・リメンバー」は名曲中の名曲ですね。ここ十年以内、どこかのCMで使われたはずです。

  1. 2021/05/03(月) 01:30:30|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
| ホーム | 大学院受験に係る問題>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/3067-e8f62246

本家魯班13世

04 | 2021/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search