FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

観フィンランド戦評

 冬季オリンピックのノルディック競技やアイス・ホッケーでもあるまいし、なんで今頃フィンランドなのか、と思うのだが、テレビの解説者は「仮想クロアチア」なんだという。クロアチアがこの程度のチームなら、予選リーグ1勝は固いところだが、もちろんそんなに甘いはずがない。放り込みを繰り返す前半は、トリノ・オリンピックの日本勢を思わせるお寒い内容であった。後半は修正して、ツータッチまでのパス・サッカーに戻ったが、小野の切れがもう一つ足りない。久保はもう少し体重がほしいな。欧米人に比べると、線が細くみえる。
 今日の収穫は、左サイドの村井ではないか。トラップが上手く、攻守の切り替えも適切で、アレックスに比べると、はるかに安定感があった。右サイドの加治はサイド・アタックはいいのだけれど、守備にどうしても不安が残る。後半、変わって入った駒野は加治と遜色ない出来。Wカップの本番は、予選リーグといえども、トーナメントに近い戦いの連続である。つまり、なんとか負けないで、少なくとも勝点1を担保にしながら勝点3を取りに行くのが常識的な戦略だ。とすれば、デフェンス・ラインの強化が必至となる。なんども指摘したように、アレックスと加治の裏、宮本の1対1、ここを修正しないと、アメリカ戦の悪夢を繰り返すことになるだろう。
 中田英、小野、福西、中田浩、稲本など守備的MFとして先発クラスの人材が少なくないのだから、ディフェンス・ラインへのコンバートを試してみる必要があるのではないだろうか。

 data: キリンカップ親善試合  日本2-0フィンランド
     得点: 久保、小笠原

  1. 2006/02/18(土) 23:17:05|
  2. サッカー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<Kの時代(Ⅱ) | ホーム | ロンドンの「雪の夜」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/318-3a82ead6

asa

04 | 2020/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search