FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

箆津乳母ヶ谷第2遺跡の焼失住居跡

県埋蔵文化財センターの依頼により、琴浦町の箆津(のつ)乳母ヶ谷第2遺跡焼失住居(弥生後期)を視察した。中央に赤焼土の固まりが堆積し、周辺に炭化材や炭化茅が散在している。調査担当の大川君は、この竪穴住居跡が2時期あるというので、その根拠を問うたところ、いちおう説明はしてくれるのだが、土層断面の観察、平面検出とも中途半端なので、わたしは自らガリをもって土を削ってみた。残念ながら、平面・断面とも分層はあいまいで、現状では1時期の可能性も十分あると言わざるをえない。学生たち[岡野・坂本]にもガリの作業を手伝ってもらった。土の違いなどさっぱりわからないという。まぁ、あたりまえさ! このあと近接する梅田萱峯(かやうね)遺跡の焼失住居(弥生中期)もみせてもらった。こちらはあきらかに1時期の円形住居。大きめの炭化材が中央に残っており、主柱穴との位置関係が気になるところである。今後の調査の進展に期待したい。
20050623002749.jpg

  1. 2005/06/23(木) 00:31:23|
  2. 史跡|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<弘法も筆の誤り・・・・ | ホーム | ブラジル戦前の不吉な予測>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/32-fad62f69

asa

05 | 2020/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search