FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

雨の若桜鬼ヶ城

 晴の日には晴を愛し、雨の日には雨を愛す・・・・・
 昨夜、ネットで天気予報を確認すると、鳥取県東部の降水確率は70%。今日の3・4年ゼミをどうしようかと悩んだのだが、中国山脈の雨の風情も捨てがたいので、深夜、学生たちに「雨天決行、車と傘を準備せよ!」という指令を発した。
 今日の案内役はノビタ。いまや研究室に住み着いた野良猫のように、存在感を増し続けるノビタである。なぜ、ノビタを案内役に指名したのかというと、いうまでもなく、中近世の城と城下町にとても詳しいからだ。以下、かれが作った資料から抜粋する。
 若桜の鬼ヶ城は、正治二年(1200)、駿河国矢部氏によって開かれた。天正三年、尼子勝久・山中鹿助らの尼子軍に矢部氏は滅ぼされたが、同年七月、毛利氏の尼子軍一掃が始まり、最終的には吉川元治により落城。その後、羽柴秀吉の因幡侵攻によって吉川勢も敗走、荒木氏が城主となるが、関ヶ原戦で西軍に与してしまい、自害。以後、山崎家盛が入封し、城の大改修と城下町の整備に着手したが、元和二年(1615)の「一国一城令」により、翌三年に廃城となった。
 問題は、「一国一城令」以前にどの程度の城下町が形成されていたのか、そして現在の若桜の町がどれほどその骨組を継承しているか、なのだが、現状では城下町の痕跡を明快に看取できるわけではない。若桜の街並みは、街道に沿う近世の「宿場町」の姿をとどめるものであり、中世的な鬼ヶ城と無縁ではないにせよ、どこまで「中世城下町」の姿をとどめるのかは微妙であり、注意を要する。2週間前に訪問した倉吉もこれと同じで、中世城郭としての打吹城と「陣屋町」として発展した現在の市街地には連続性もあるだろうが、一定の懸隔を読みとらなければならない。
 大学出発後、まず「若桜駅」を訪れた。奈文研時代に調査した、懐かしい近代化遺産である。それから蔵通り=寺通りを散策。寺の境内から鬼ヶ城を望む(写真上)。小路をすり抜けて街道にまわり、町家の軒下を徘徊した。そして、車で不動院岩屋堂に移動(写真下)。学生諸君は「天気が良ければ・・・」と思ったことだろうが、わたしには雨の鬼ヶ城と岩屋堂のほうが新鮮だった。雨に濡れた重たい肌合いから、歴史の深層が滲みでてくるような幻覚をおぼえるからだろうか。

20050701220213.jpg



20050701220224.jpg



キムラャさんの感想

 若桜に行くときはの確率が高い。でも今回の雨は許します。

 城について考えた事はあまり無いように思う。大まかに考える事はあるが。「コグチ?コグチって材の断面?これしか知らないんだよ。」音でしか理解できなかったので仕方ない。ノビタ氏の回答で納得した。虎の口で虎口(コグチ)と言って、城の出入り口のことなのですね。なるほどね。若桜鬼ヶ城には行き止まり虎口があったそうです。なかなか敵にとっては迷惑なトラップだったと思いますが。

 不動院岩屋堂も久しぶりに訪れた。最近、高欄から下の部分に目が行く。なぜでしょうか。思い当たる節はあるのですが言いません。何でも、ある特定の物に着目するとおもしろい。

  1. 2005/07/01(金) 17:57:03|
  2. 建築|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<ステンドグラスへの途 | ホーム | 茶室のカマド -ダンボール大作戦その3>>

コメント

 諸資料を調べた結果以下の事がわかりましたので補足させていただきます

城下町を知る上で、手がかりの一つに山下ノ丸の存在があります。これは鳥取城にもあります。山下ノ丸は簡単に言うと、山頂では政治や住まうには不便なため、機能を山麓に移したもの、山城の山麓にある曲輪の呼び名の一つで、鳥取城で言う二の丸などです。若桜鬼ヶ城では、その山下ノ丸に相当するものがどこにあったかと言うと、現在の若桜中学校周辺にあり、小泉友賢によれば、構ノ内と(御構とも)呼ばれていたそうです。他にその周辺に古枡形と枡形言われる構造物があります。前者は現在の若桜警察署にあり、後者は天保14年の古図に外枡形虎口のような遺構が確認できるそうです。御構が大手口方面であった可能性として木下(荒木)氏の遺構の鶴尾山より北北西、北、北北東に連郭式に築かれている縄張です。その縄張を北北西と北との谷を下れば若桜中学校に着きます。これは私見ですが、大手口を強化する目的で構築されたと思われます。木下(荒木)氏によって、構ノ内が出来、それを中心に家臣団の住まいが作られ、そして商工人の町割りがなされていったのではないかと思います。
  1. 2005/07/05(火) 18:19:45 |
  2. URL |
  3. ノビタ #uaP3n7Y.
  4. [ 編集]

ノビタのコメントに対するリプライ

倉吉町家報告書のためにいろいろ文献を漁っていて、いくぶん城下町の解体について理解できるようになってきた。中世の打吹城と城下は尼子軍によって灰燼に帰したが、しだいに復興が進み、天正のころには再び都市性の萌芽を読み取れる。元和の「一国一城令」以降、倉吉は池田家の重臣・家老が支配する陣屋町となったが、枡形や食い違いなどの街路パターンからみて、中世城下町の構造を基盤としていたとみてよいのではないか。若桜の場合も、枡形が残存しており、中世城下町の構造を継承しつつ、近世の宿場町に変貌を遂げたプロセスを読み取れる。
  1. 2005/07/05(火) 19:48:44 |
  2. URL |
  3. asax #90N4AH2A
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/43-239e39c9

asa

04 | 2020/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search