FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

のびたインタビュー(ⅩⅩⅩⅩ)-ヴェルトマイスターシャフト2006

 ノビタです。

 3位決定戦が終わりました。ドイツが3-1でポルトガルに圧勝し、ドイツ国内は熱狂の渦に巻き込まれています。

N: 先生、3位決定戦はご覧になりましたか?
A: 画面をみながら部屋を暗くしてうとうとし始めたんだが、録画しているから、安心して眠ったんだ。で、目覚めて、ビデオを見ようとするんだけど、テープが動いてなくて、ザーッという画面があらわれた。
N: どうしたんですか?
A: 先に寝たワイフに3倍速で採りっぱなしにしてくれと頼んでおいたんだ。ワイフはたしかに新しいテープをカセットに突っ込んでから寝たんだが、わたしはそこで彼女が録画ボタンを押したと思っていた。ところが、彼女によると、テープだけは入れておいてあげたんだから、録画ボタンは好きなタイミングで押して頂戴と言って寝たの、と主張するんだわ。
N: で、どうなったんですか?
A: プライド、です。総合格闘技。我が家の場合、2階の畳間で決着をつける。
N: えっ、奥さん、強いんですか?
A: 高速カウンターの裏拳が顎に入った。すごい裏拳だった。ビッグ・ヴァン・ベイダーの裏拳がさらに早くなった感じで、顎がまだ痛いんだ・・・・
N: 完敗じゃないですか。
A: 朝ご飯も作ってくれないし、コーヒーも淹れてもらえない。
N: のろけてるんですか、それとも、どMなんですか?
A: 阿呆! 男はみんな家に帰ると、粗大ゴミなんです。
N: それじゃ、シュヴァイン・シュタイガーの2発をみてないわけですね。
A: まぁ、BS1の再放送をみますけどね、3位決定戦というのは、ほんらい流すもので、あまりヒートアップしないんだけどね。
N: ドイツは大喜びですよ。国民は3位入賞をとても喜んでいる。
A: 情けないな。ベッケンバウアーは嘆いているよ。
N: ベッケンバウアーが好きなんですか?
A: 74年の優勝チームは大好きでしたね。ベッケンバウアーとオベラーツがとくにお気に入りだった。いまでもメンバーを書けると思うんだ。ちょっと挑戦してみるか!
   GK: ゼップ・マイヤー(バイエルン・ミュンヘン)
   リベロ: フランツ・ベッケンバウアー(バイエルン・ミュンヘン)
   左SB: パウル・ブライトナー(バイエルン・ミュンヘン)
   CB: ゲオルグ・シュヴァルツェンベック(バイエルン・ミュンヘン)
   右SB: ベルティ・フォクツ(ボルシア・メンヘングランドバッハ)
   CH[ボランチ]: ライナー・ボンホフ(ボルシア・メンヘングランドバッハ)
   左MF: ヴォルフガング・オベラーツ(1FCケルン)
   右MF: ウーリ・へーネス(バイエルン・ミュンヘン)
   左W: ユルゲン・グラボウスキー(アイントラハト・フランクフルト)
   CF: ゲルト・ミュラー(バイエルン・ミュンヘン)
   右W: ベルント・ヘルツェンバイン(アイントラハト・フランクフルト)
N: バイエルンが6名ですか。
A: そうさ、11名中6名が日頃から同じチームでプレーしていた。バイエルン・ミュンヘンが代表チームのベースだったわけです。バレーボールにおける、かつてのニチボー貝塚みたいなもんだね。
N: 今ならユベントスがそんな感じですね。
A: Jリーグでも、かつてなら、ヴェルディ川崎、鹿島アントラーズ、ジュビロ磐田はそういうチームになる可能性があった。しかし、選手は海外移籍志向が強く、チームには資金が足りない。その結果、代表クラスの選手は国内外にばらばらに散ってしまった。代表が強くならない要因の一つだね。
N: その国を代表するチームは必要ですね。アヤックス、レッドスター・ベオグラード、ディナモ・キエフ、パナシナイコス、フェネルバチェ・・・そういえば、ジーコはイスタンブールのフェネルバチェと2年契約を結びました。
A: ジーコはテクニカル・ディレクターとして、鹿島を日本最強のチームにした。鹿島には、あのまま日本を代表するチームとして君臨してほしかったね。鹿島のレギュラーになれば、そのまま代表で使えるというような時代があった。今は衰えたね。
N: 今回のW杯で日本は不振だったので、海外からのオファーはまったく届いていない、と川淵キャプテンは公表しています。
A: 川淵の責任だよね。しかし、日本人選手の場合、海外に出て成功する例は稀でしょ。稲本クラスでも駄目だった。安易に海外に出ても、通用しないまま帰国する選手のパーセンテージが非常に高い。だからこそ、国内に代表選手ばかりを集めた強力なクラブを作る必要があるんじゃないかな。
N: 潤沢な資金が必要ですね。三菱の浦和、トヨタの名古屋あたりに期待するしかありません。ニッサンは不景気だから、横浜は沈んでいくかも・・・・
A: いちばん期待できそうなのは浦和かな。浦和にいい選手を集中させて、アジア・チャンピオンズ・リーグを制覇してほしいものです。
N: さて、ありきたりで申し訳ないんですが、今回のW杯のベスト11を選出していただけませんか?
A: そういう下らないことはやらない。
N: まぁ、そう言わず、できれば次回のインタビューまでに考えておいてください。
A: ・・・・ (続)

 
  1. 2006/07/09(日) 18:58:26|
  2. サッカー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<のびたインタビュー(ⅩⅩⅩⅩⅡ)-ヴェルトマイスターシャフト2006 | ホーム | のびたインタビュー(ⅩⅩⅩⅨ)-ヴェルトマイスターシャフト2006>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/512-5aa4dff8

asa

12 | 2020/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search