FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

床下をめぐる攻防 -イロリほぼ完成

20060720235751.jpg


 今日はプロジェクト研究1&3「古民家のリサイクル」の最終授業日でもあった。しかし、こちらの演習は今日で終わりというわけではない。今月25日の発表会を控え、これから数日間、最後の追い込み状態に突入する。すでに、測定班=「床下にもぐる女たち(+α)」は連日徹夜?で調査データの作図やパネル化を始めているのだが、あまりの仕事の過激さに不穏な空気が漂いはじめていたりして・・・・わたしは、作業の軽減を各所に呼びかけている。

20060720235803.jpg

 一方、作業が遅れているのは「模型班」である。これまで「北から来たの」さんやケンボーに責任を押しつけてきた感のあるメンバーを呼び集め、
  「これはケンボーの仕事ではない。君たちの仕事だ!」
と一括したら、まことに効果があり、いまも自主的に作業を継続中である(ケンボーもつきあっている)。
 古材バンク班の「棚」作りも軌道にのってきている。なんとか発表会に間に合いそうだ。

20060720235736.jpg

 今日最も注目した工程は、イロリと自在鉤の取り付けであった。先週、鳥取城石垣修復現場からいただいた切石を床下に据え、その上に框を組んで、屋根裏から藁縄で自在鉤と火棚を吊り下げた。大がかりで迫力のある作業であった。わたしは、畳に座って、この作業をみつめ、デジカメで撮影していたのだが、2日間の睡眠不足がたたり、そのまま畳の上で眠ってしまった。
  「先生、起きないと、大学院の授業に間に合いませんよ!」
と囁いたのは、またしてもチャックであった。

 7月25日 発表会 次第

1.学内 
  1-a.加藤家主屋模型(1/30)展示 於 26講義室前 
  1-b.茶室棚&加藤家測定成果パネル展示 於 学務課前

2.加藤家住宅公開
   13:00 マスコミ公開開始
   14:00 復原イロリ点火
   15:00 研究成果発表(10分×3名/於オクノマ)
   17:00 東方アジア居住学セミナー(於オクノマ)
     講演:長沼さやか(総合研究大学院大学)
      「中国共産党政権下における水上居民の変容」
   18:30 復原イロリを囲んで打ち上げパーティ
       1drink & 1 bottle system


20060720235716.jpg





 夕方からの大学院の授業は、めちゃくちゃだった。『環境と文化』という単行本の輪読会で、「アステカ」と「トルコ」を割り当てられていた学生N(実名中村/東樋口ゼミ)が、
  「トルコと言えば、トルコ風呂とアイスクリームだ!」
と主張して、放送禁止用語を連発。なにせ女子院生2名を含んでいるので、「セクハラだ!」と訴えられたらどうしよう、とさすがのわたしも冷や汗の連続であった。もしも教授会とセクハラ委員会で糾弾されたら、みんな学生N(実名中村)の発言だと言って逃げるしかない。東樋口先生、中村をなんとかしてください!
  1. 2006/07/20(木) 23:04:41|
  2. 建築|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<リンボー足利(―Д―)頭上に注意! | ホーム | 「地域生活文化論」講義を終えて>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/526-99b02b8a

asa

05 | 2020/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search