FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

鳥工生、裏山を行く

 先週、「7月10日に鳥取工業高校の生徒が大学を視察にくるので、ツリーハウスと茶室を案内してほしい」と東樋口教授に依頼され、二つ返事で了承した。詳細を聞くと「総勢38名」という。これは大変だ。なんたって、環境大の裏山の中ですよ。獣道同然の山径を登るし、広い場所に建ってる訳ではないのだから。
 来たる当日(本日)、空は雨模様。ますます条件は悪化した。鳥工生には本当に悪いことをしたなと思っています。ただ、汚れても良いようにズボンが作業服だったのが救いです。時間的、場所的余裕から、2班に分かれてもらうことになった。茶室へは出席番号前半(案内役:吉田)。ツリーハウスへは出席番号後半(案内役:岡野)であります。
 さて、ツリーハウスに行くには、ヤギ小屋の前を通らなくてはなりません。やはり、万人に対して「やぎ子♀」はインパクトが大きいようです。山道は幸いぬかるんでおらず、無事にツリーハウスに到着した。ツリーハウス自体は懸造(かけづくり)風のヒョロリとした小さな小屋だから、インパクトはヤギにかなわなかったみたい。築後1年ほったらかしに近く、傷みも進んでいるから、「あがってみれば」と薦めるものの、高校生たちはあまり乗り気ではないようだった。それでも、何人かが竹の床にあがってくれました。そんなこんなで、案内は無事に終わり。高校生には少なからず影響を与えることを願いながら、この後に予定されていた北原教授による木材の曲げ応力度実験をお手伝いしていた。[岡野]
  1. 2005/07/11(月) 23:31:54|
  2. 建築|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
<<第2回大社造シンポジウム | ホーム | なにをいまさら講義と高座>>

コメント

大学視察

茶室の方は鳥工生が興味津々に周りを囲むように眺めていました。何人かは中に入って見学していました。2班に分かれたのは時間がおしていて東樋口教授と相談した結果です。そして、見学の後に北原教授の構造実験で木材の破壊実験の手伝いをしました。
  1. 2005/07/12(火) 14:07:08 |
  2. URL |
  3. 吉田 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/57-410f4932

asa

04 | 2020/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search