fc2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

「遊離尾垂木」の発見

20060908225503.jpg


 ベトナム民族学博物館の民家園で、「遊離尾垂木」とそっくりの部材を発見した。シャム族の民家の軒先に使われている。
 シャムはオーストロネシア語(南島語)族に分類される民族である。オーストロネシア語族は、南太平洋からマダガスカルにかけての広い海域(というか島嶼域)に分布する言語=民族集団だが、シャムは大陸山間部に住む稀少なオーストロネシア語族として知られる。その住居形式は、すでにベトナム族(中国では「京族」という)の影響を受けて、ベトナム化あるいは中国化しているが、オモヤとは別棟のカマヤ(炊舎)をもつ土間式の住居である点は、南太平洋島嶼域の住居との親縁性を感じさせる。ただし、オモヤの構造は土蔵造に近いものであり、壁と屋根の全体を厚い土壁で覆い、その全体を鞘屋根で保護するものである。
 そのシャム族住居の鞘屋根に「遊離尾垂木」とよく似た部材が使われている。
 「遊離尾垂木」とは、平重衡の焼き討ちによって焼亡した東大寺伽藍の復興のため、俊乗坊重源が採用した「大仏様」建築の中備(なかぞなえ)として使われる部材である。中備とは、柱上組物の中間におく部材で、軒の沈下を防ぐ役割を担う。大仏様の中備は、浄土寺浄土堂にみるように「遊離尾垂木」を使うのだが、それは組物を伴わない尾垂木のことで、大仏様特有の刳形を取り除いてしまえば、ただの天秤棒にすぎない。この起源がよくわからなかった。

20060908230421.jpg

20060908230950.jpg


 ところが、今日みたシャムの民家では、柱と柱の間に短い「遊離尾垂木」状の材が何本か並んでいる。表側に出てそれをみると、刳形をつけた先端部分が木鼻のように突き出している。大仏様の場合、この出が尾垂木の半分近くになる。シャム民家では、木鼻状にわずかに飛び出るにすぎないが、それにしても、両者は非常によく似た構造的役割を担い、形状も近似しているではないか。こうなると、当然のことながら、気になるのは柱上の構造だが、シャム民家の場合、ベトナムの民家・町家・宮殿・寺院と同じく、繋梁状の登り梁を柱上に直接のせている。よくみると、その下屋部分の登り梁の形状と「遊離尾垂木」状の材形がよく似ている。「遊離尾垂木」状の材は登り梁を縮小したように見えるのである。
 この軒の構造は、もちろんシャムの民家に固有な形式というわけではなく、ベトナム民家の古式の姿を映し出している可能性があり、ひいては中国南部の古い木構造とも関係するものかもしれない。とすれば、大仏様の謎の部材とされてきた「遊離尾垂木」は、重源の創作ではなく、やはり福建以南の古い建築様式と系譜関係をもつ可能性を指摘できるであろう。どなたかコメントを頂戴できれば嬉しい限りである。

20060908231107.jpg

20060908233120.jpg

  1. 2006/09/07(木) 22:47:39|
  2. 建築|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<茅葺き風鉄板葺き屋根の設計活動録(Ⅵ) | ホーム | チャック・サンジョン・タパのベトナム見聞録(参) ―Good Music in Vietnam―>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/630-9b88ab97

本家魯班13世

01 | 2024/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search