FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

茅葺き風鉄板葺き屋根の設計活動録(ⅩⅡ-2)

 つい先ほど、ロフトに関するブログをあげたのですが、屋根裏におけるロフトの範囲などの説明が不足していたので付け加えたいと思います。

ロフトアルファ


 上に示した図を見てください。まず、階段を設置する土間の妻壁近く(図では赤線で表示)に鉄骨製の柱を設け、コアをつくります(←この事に関しては前回のブログを参照してください)。
 緑で囲まれた部分を中二階として機能させ、ピンクで囲まれた部分は二階となります。二階部分の範囲は、実質上二番桁の内側となります。また、二階部分を女中部屋及び、台所まで広げようという話もありました。しかし、そこまで広げてしまうと、台所空間に圧迫感が生まれるので上記のようにしました。(01号)


  1. 2006/09/14(木) 22:46:07|
  2. 建築|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
<<教えてください、ベトナム寺廟の樹と記号 | ホーム | 茅葺き風鉄板葺き屋根の設計活動録(ⅩⅡ)>>

コメント

鉄骨製の柱を畳の上に立てるのですか?? どこにたてるの?? よく理解できません。
  1. 2006/09/14(木) 23:06:12 |
  2. URL |
  3. asax #90N4AH2A
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/647-496d3613

asa

04 | 2020/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search