FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

教えてください、ベトナム寺廟の樹と記号

20060915112337.jpg


 ハロン湾水上集落で調査した寺Den Cau Vangで教えられたことなのだが、ベトナムの寺廟では、境内に必ずある樹を植えるという。大きな葉をもつその樹木はたしかに、水上集落のお寺の脇に植えられていた。それともう一つ、狛犬(焼物の獅子)の乗る基台の正面にある記号が書かれていた。それと似た記号は、かつて中国江南(長江下流域)の民家調査でもよく見た。門や窓の意匠に多用されており、細かく実測した経験もある。それらの記号は、一般的に「福」「禄」「寿」「喜」など吉祥をアピールする漢字を抽象化したものなのだが、水上集落の寺でみた記号がどの漢字にあたるのかわからない。通訳のハオさんは、英語で「フォーエバー」を意味する記号だと述べたが、漢字そのものを示すことはできなかった。「フォーエバー」と最も意味が近いのは「寿」だが、字形が違いすぎる。ただ、民衆道教における「寿老人」と係わりの深い「亀」と似ているように見えなくもないが、たぶん別の漢字であろうと思う。
 そうこうしているうちに、ハノイの文廟(孔子廟)で、おなじ樹木とよく似た記号を発見した。記号は正門(南門)初層の壁、大きな葉をもつ樹木は太成門の脇で確認した。
 この樹木と記号について、どなたかご教示いただけませんか?

20060915112419.jpg

↑↑水上集落の寺に植えられた樹 ↑↓文廟太成門脇の樹
20060915112440.jpg


20060915112759.jpg

↑文廟の正門 ↓同左、壁の記号。
20060915112814.jpg

↓水上集落の寺、狛犬基台に示された記号
20060915112321.jpg




ハノイの文廟(孔子廟)奎文閣。

20060915112828.jpg



  1. 2006/09/15(金) 11:22:07|
  2. 建築|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<家伝書の再撮影 -尾崎家住宅補足調査(Ⅰ) | ホーム | 茅葺き風鉄板葺き屋根の設計活動録(ⅩⅡ-2) >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/648-8e88f339

asa

02 | 2020/03 | 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search