fc2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

茅葺き風鉄板葺き屋根の設計活動録(XV)

屋根の構造も次第に固まってきています。今回は今までの資料を基に大体の材積を計算してみました。
屋根の叉首兼垂木から防水ルーフィング下の縦板までの部材の材積は、約27立方メートル。ロフト床の大引・根太・床板の材積は、約4立方メートル。合計で約31立方メートルです。一つの塊で表すとおおよそ6m×5m×1メートルの大きさです。
この値は実際より多めに出してあります。



  1. 2006/09/17(日) 19:56:18|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<茅葺き風鉄板葺き屋根の設計活動録(ⅩⅥ) | ホーム | 風車の理論>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/654-a6fcba6d

本家魯班13世

03 | 2024/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search