FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

茅葺き風鉄板葺き屋根の設計活動録(ⅩⅨ)

本日は、新たにロフト部分の材積を計算しました。二番桁上の現状の梁と梁の間に大引を敷き、その上に根太を敷いてあります。

大引、根太、床板の材積の合計は4.65立方メートルになりました。

明日は、追叉首の状態を確認後、屋根部分の材積を修正し、床部分と合わせた材積を算出します。

 
大引、根太
20060921234412.jpg


床板
20060921234535.jpg



茅葺き風鉄板葺き屋根の設計活動録(ⅩⅧ)のコメントにありましたカテゴリⅡの「裏板」とは何か?
裏板とは裏甲の上に来る木羽の最下段にあたる材です。


  1. 2006/09/21(木) 23:47:12|
  2. 建築|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
<<「古材倉庫」建設予定地の見学 | ホーム | 欄間の写真測量 -尾崎家住宅補足調査(Ⅱ)>>

コメント

大平さんに連絡を!

1)大引と根太は両方必要なのでしょうか? 根太だけでももつんじゃないかな??  2)階段と連絡する廊下は考えなくていいんですかね???
さきほどメールを入れたとおりです。早く大平さんに連絡をとってください。みんながんばっているけど、少し時間がかかりすぎだね・・・・

  1. 2006/09/22(金) 00:44:58 |
  2. URL |
  3. asax #90N4AH2A
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/662-4b6a0d19

asa

04 | 2020/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search