FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

手打そば「門や」

20061014235919.jpg


 久しぶりに週末を鳥取で過ごしている。明日の伝統建築フェア(倉吉)の準備を控えているから、週末という気分からはほど遠いのだが、外は良い天気だし、昼は蕎麦を食べに行こうと決めていた。車に乗ると、最近買ったばかりのCDをずっと聞いている。ジャクソン・ブラウンのアコースティック・ライブ(Solo Acoustics vol.1)だ。ジャクソン・ブラウンはニール・ヤング、ジェイムズ・テイラーと並ぶ、わたしの青春の3大シンガーソングライターなんだけれども、歌詞がちょっと甘すぎて、
  「ジャクソン・ブラウンが好きなんだ・・・」
と公にしにくいところがないとは言えない。しかし、今回のアコースティック・ライブは乾いている。ギターは技術ではない、ということがよくわかる。よい詩とよいメロディーがあって、よいシンガーが歌をうたえば、ギターはコードを奏でるだけでいい。伴奏楽器としてのギターは歌をひきたたせるものであって、技術を誇示するためにあるのではない。いくら技術が高くても、歌を殺してしまっては意味がない。ジャクソン・ブラウンのギターは、ジェイムズ・テイラーのような技巧もなければ、ニール・ヤングのような個性もないけれど、自分の歌を際だたせるツボを心得ている。
 秋晴れの田舎道をジャクソン・ブラウンのソロ・ライブを聞きながら、蕎麦屋へ向かった。「悲しみの泉」のジャンッ、というピアノの始まりには震えがくる。『レイト・フォー・ザ・スカイ』の初めの3曲をいったい何度聞いたことだろうか。「悲しみの泉」は、その真ん中の曲なんだ。

20061015000244.jpg

 因幡は蕎麦屋の少ないところだ。つい先日まで、若桜街道の「吾妻蕎麦」をのぞくと近辺に蕎麦屋がなく、たまに戸倉峠越えして立ち寄る「ひむろ蕎麦」がほとんど唯一の楽しみであった。ところが、最近、古郡家では農業倉庫を改修してそば切り「たかや」が、また国府町の中河原では茅葺き民家を改装して手うち蕎麦「門や(もんや)」が開店した。
 「門や」の茅葺き民家については、神護に通う途中いつも目にしていたから気にはなっていたのだが、まさか蕎麦屋に生まれ変わるとは。生きていると、たまにはいいことがあるものだ。蕎麦通は蕎麦そのものが好きなので、店で注文するのは、だいたい「もり」か「ざる」に限る。「かまあげ」もいいし、「おろし」(とくに辛み大根の「おろし」)もいい。以上が蕎麦通の正統である。ともかく、飾り気のない純粋な蕎麦が愛おしい。今日は「もり」を注文した。蕎麦は信州の二八。透明感がある。
 「門や」は昨年9月にオープンした。ご主人は鳥取市街地に住んでいて、たまに中河原の実家(茅葺き民家)に帰ってきていたそうだが、退職を機に実家を改装して「蕎麦屋」を始めたのだという。自ら厨房にたち、蕎麦を打っている。
 民家は四間取り。たぶん明治の建築であろう。四間すべてを客室として公開している。今日は風が心地よく、前の庭から後の庭に通り抜けていく。そよ風をつかむ、とはこういう感触かな、なんて思いながら、「もり」をすすってそば湯を飲んだ。

20061015000012.jpg

 ところで、蕎麦と言えば「縄文」ではないか。出土資料や花粉分析でどのような成果が得られているのか、よく知らないが、縄文人が蕎麦を食べていたことはほぼ疑いのないところである。で、かれらの住まいはどうなっていたのか。原稿を書かなくてはいけないではないか。すでに〆切を2週間もすぎてしまった。奈良の家には同成社から催促の葉書が届いている、とワイフが電話してきた。伝建フェアさえ終われば、少しは楽になる。いや、そんなことはないな。倉吉のあとは出雲に行って、松江に行って、帰ってきたら、とりあえず授業の準備をして、・・・そうこうしているうちに加藤家で大騒ぎになって・・・
 ここで決断!
 まもなくブログで「縄文建築」に関する連載をはじめます。そうしないと、書けないな。「都城」の原稿と同じパターンで責務を果たすしかなさそうだ。

20061015000125.jpg

20061015005632.jpg





 殿ダムの工事は「門や」のすぐ傍でもおこなわれている。よく生き残ってくれたものだ。

20061015000413.jpg

20061015000421.jpg

  1. 2006/10/14(土) 23:56:47|
  2. 食文化|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<いい経験でしたね・・・ | ホーム | 案山子 -山田を守る主>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/699-ccc80418

asa

04 | 2020/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search