FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

恭喜! 2007

新年 あけまして おめでとうございます!  

   今年も ASALAB&LABLOG を なにとぞ よろしくお願い申し上げます。 


鳥取環境大学 環境デザイン学科
浅川研究室

平成19年元旦


20070101013248.jpg



 例年通り、兵庫県社町に住む父母の家に年始に行った。母は家内の病気をずっと案じていたが、83歳という高齢なので、いちども見舞いに行けないことを悔やんでいた。入退院後、家内とはじめての対面になる。家内を連れて玄関に入るなり、母の眼が潤んでいくのがわかった。
 天皇杯はつまらない試合だった。つまらないと時間が進まない。長く感じた90分だった。日本のサッカーに不安を覚えてしまう。
 一緒に観戦していた兄はわたしにサッカーを教えた張本人であり、兄の息子二人は大学のサッカー部員。「たいぎぃ試合だな」と不満をこぼしながらも話がはずむ。
  「いまのレッズはさ、全盛期のアントラーズとかジュビロには絶対及ばないよね。」
  「ほらほら、ボールをもってない選手が全然動いていない。」
  「トライアングルが作れないし、2ラインになって中盤ががら空きになってる。」
  「阿部がレッズに加わるんだって?」
  「正式に決まったの??」
  「らしいね。一つのチームに代表選手が集中するのはいいことだよ。昔のバイエルンとかアヤックスのようなチームを作らないと代表は強くならない!」
  「ガンバ攻めてるけど、これ負けパターンの試合だね。」
  「たぶん、最後にポチョンとしたシュート入れられてお終いだわ・・・」

 そして、わが家は佐保神社に初詣に出かけた。おみくじはわたしも家内も「半吉」であった。「半吉」とは何か。そんな吉凶の目盛りがあったとは?

  浅い川も深く渡れ

という格言があるらしい。我が家のトイレに吊されていた「故事ことわざカレンダー」に含まれている。「ものごとをするときは、ささいなことにも注意して、決して油断してはいけないという戒め」とのこと。「半吉」は転居・転職などの行為を禁じてはいない。ただ、「慎重におこなえ!」と戒めている。要するに、半吉は「浅い川も深く渡れ」ば可という吉祥の目盛りのようである。

20070102004342.jpg

 帰途、歌姫町の添御縣坐(そうのみあがたにいます)神社にも詣でた。大晦日9時ころから正月3日の昼まで神前の火を絶やさない式内社。境内に入っても、火を管理する人以外だれもいない。聞けば、薪はクヌギの木だという。年次交替の神主職にあたる2年前から薪を集める。山持ちならば、クヌギを伐採して乾燥させ、山をもたない村人は山持ちからクヌギを買う。
 太くて、乾燥しきったクヌギの木から炎がゆらめく。神聖な年初の火である。

20070102004354.jpg


  1. 2007/01/01(月) 00:00:01|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<速報! 2007シンポ初日 | ホーム | FC2アクセス解析10・11・12月篇>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/826-818d1912

asa

12 | 2020/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search