FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

建築士会西部支部新年祝賀会講演会

20070113015809.jpg


 すべったな・・・
 客席のどよめきがほとんど伝わってこない。講演のタイトルは「『楼観』再考 -青谷上寺地遺跡のながい柱材をめぐって」で、パワーポイントの構成も昨年11月18日の特別講演とまったく同じ。あの日は、考古学・古代史のマニアや専門家が青谷に集結したので、スピーチに対する聴衆の無言の波動をひしひし感じていた。とりわけ、「魏志倭人伝」絡みの部分はこの分野の愛好家にはたまらない内容だっただろう(とわたしは勝手に思っている)。事実、講演後、ある知り合いが挨拶に来て、
  「中国の話がおもしろかったです!」
という感想をのべてくれた。唯一、わたしの講演に関心がなく、ぐうぐう寝ていたのが某大学院生であった。顔を真っ赤にして、体をそりかえらせ、シャツの隙間から臍がちらりと見えたりして・・・。

20070113015826.jpg

  「人みて法説け!」
と大学時代の指導教官によく叱られたものだ。いまは、わたしが学生たちにそう訓じている。しかし、今日はわたしが失敗した。
 魏志倭人伝の話は受けない。建築家や技術者を相手にする建築士会の講演会で、魏志倭人伝にみえる建築表現の話をしても反応がない。じつは、わたしは結構あたらしい視点を示しているのである。「宮室」は一つの言葉ではなく、祭政施設としての「宮」(前朝=前堂)と居所としての「室」(後寝=後室)に分解できる。「邸閣」は大倉庫であって、妻木晩田などでみられる小さな高床倉庫は「桴京」(魏志高句麗伝)と呼ぶべきだ等々。しかし、それは別の場所で話すべき内容であることがよくわかった。
 「楼観」の講演については、さらにオファーが届いている。今後、聴衆にあわせて、いくつかのバリエーションを用意しておかなければならないな。

 講演後のパーティは遠慮させていただいた。やはり患者のことが心配なので、米子から「スーパーやくも」→「のぞみ」と乗りついで奈良まで戻ってきた。途中、岡山駅の新幹線プラットフォームで吉本の芸人さんたちとニアミス。大助&花子、阪神&巨人などの大御所がずらりと顔を揃えていた。じつは大助&花子さんとは一緒に仕事をしたことがある。ちょうど十年前だと思うのだけれど、建設中の朱雀門を舞台にして大阪ABCが「ほんまかいな平城京!」という特番を制作してくれたのだが、所長と大助&花子さんの会話がメインの番組で、わたしは研究所側の裏方を務めていたのである。当時の部長から、
   「アサカワ、色紙20枚買って来い!」
と言われて買いそろえ、宮川花子さんにサインを書いてもらった。その色紙は、いまでもリビングの壁に飾っている。

20070113022952.jpg
↑花子さんの色紙(クリックすると画像が拡大されます)





  1. 2007/01/12(金) 23:49:06|
  2. 講演・研究会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<雪の夜(ⅩⅢ) | ホーム | 雨ニモ負けケズ -水屋のリフォーム(Ⅴ)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/840-408296c2

asa

09 | 2019/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search