FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

竹中大工道具館「技と心」セミナーのお知らせ

 昨夜、「明日はいっぱつ、さんぱつにでも行ってくるか」と告げて、病室を離れた。で、散髪に行った。白髪がどさっと露出したので、一時帰宅し、少し染めてから、今日も病院に。
 正直、今回の看病は1回めよりもはるかにきつい。昨年11月~12月の入院のときは病院通いを結構楽しんでいた。あのときは個室で、パソコンが自由に使えて(じつはたまに無線LANもつながった)、病室で次々と仕事を片づけていけた。家内も日に日に体調が好転していくので、それをみているだけで嬉しかった。今回はショックの連続だ。2回めの出血そのものが大ショックなのに、続けて3回めの出血があり、精神的な打撃を受け続けた。家内の体調もそう上向きにならない。出血量が多いから、思ったほど早く血液が脳に吸収されないし、右腕・右肩の痛みはとれない。病室は4人部屋で、おまけに最初の2週間は整形外科の病棟だった。わたし自身、体が重くて、病室で仕事をする気にならない。
 それでも患者はえらいんですよ。夕食前に「リハビリする」と言って、足にギブスをつけ、リハビリ・シューズを履き、1階のロビーを急ぎ足で3周した。わたしは金魚の糞のように、彼女について歩いていたが、なかなかの運動になる。結構なスピードで歩くんだから。

 というわけで、ネタが切れたので、「楼観」講演の宣伝でもしましょうかね。同じタイトルで、3回めの講演です。

竹中大工道具館 平成19年度「技と心」セミナー 第25回

  日時: 2007年5月19日(土)13:30~15:00
  講師: 浅川 滋男(鳥取環境大学教授)
  講演題目: 「楼観」再考-青谷上寺地遺跡のながい柱材をめぐって  
  会場: 竹中大工道具館 http://dougukan.jp
  定員: 35名(要申し込み、参加費無料、但し入館料が必要)
  申し込み先: 〒650-0004 神戸市中央区中山手通4-18-25
    竹中大工道具館「技と心」セミナー係 ℡078-242-0216(5月4日〆切)

 下の案内をみると、竹中大工道具館では2ヶ月ごとにセミナーを開催しているようです。興味のある方は、5月以外のセミナーにもぜひご参加ください。

20070311013148.jpg
↑クリックすると画像が大きくなります。  
  
   

 
  1. 2007/03/10(土) 23:29:56|
  2. 講演・研究会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ギターざんまい | ホーム | 洞ノ原炎上(Ⅱ)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/901-ad00995c

asa

09 | 2019/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search