Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

査 読

 昨年の7月、高校・大学の同級生で四国の大学に居る数学者K氏からメールがあった。

> ところでA氏がNature誌に下記のような論文を出したそうです。
 http://www.nature.com/nature/journal/vaop/ncurrent/full/nature12359.html*

 A氏は大学時代のサッカークラブのメンバーで、今は帝国大学理学部の教授。分子生物学の大家になっている。ヤマナカ先生との共著もあるようだ。わたしはそっけない返事を書いた。

> そうですか・・・Aさんの論文の偉大さについて、私にはさっぱり分かりません。

 論文の価値を貶めたいが故の発言ではない。自分の専門分野とあまりに遠いので評価できない、と言いたかっただけのことである。K氏の整数論も分からなければ、A氏の細胞生物学もさっぱり分からない。おそらくK氏も、A氏の論文内容を理解しているわけではないだろう。ただ、自然科学の世界では、「Nature誌に掲載」という事実が重要であり、その事実によって論文が権威づけられ、羨ましがられ、尊敬の念を集めているということだ。

 専門分野の細分化が進む昨今の学界では、一人の研究者がカバーできる領域はそうひろくない。民族建築/建築考古学関係のベテラン研究者は多くないので、こんなわたしにも年に数本、学会論文の査読依頼がある。極力引き受けるようにしている。大半は若手研究者の論文である。査読期間の1ヶ月など瞬く間に過ぎてゆくが、これもまた修行だと思うしかない。できるだけ「再査読」にまわさないようにしている。一次査読の段階で「採用/不採用」のケリをつけてしまうのである。再査読にして論文の質が向上すると見込める場合はそうするが、結果として内容に大きな改善がみとめられないなら2次査読で「不採用」にせざるをえない。できるだけそういう不幸な結末を迎えたくない。欠陥のある論文は早めに落として一から書き直していただく方が良いと思っている。
 わたしの所属する学会では、論文の査読者は2名で、1名のみ「不採用」の場合、3人めの査読者に審査を委ねる。セーフティネットだ。3名中2名が「採用」なら、論文は学会誌に掲載される。これまでの経験に照らすと、自分が「不採用」と判定した論文の80%は結果も不採用だった。残りの20%の論文は意に反して「採用」された。査読者が「不採用」と判定した論文が学会誌に掲載された場合、査読者は学会誌に異議申し立ての質疑書を提出・掲載できる。もちろん、そんなことはしない。一度もしたことはない。

[査 読]の続きを読む
  1. 2014/03/12(水) 15:22:02|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

2014 謹賀新年

 あけましておめでとうございます。

 昨日誕生日で35になりました。Lablog 2g に連載した「中国というブラックホール」を読んでいただきたいのですが、今年の賀状は12月28日のヤンゴン空港で作り始めたものです。ウィンドウズSurfaceのパワポを使ったため、画面が4:3ではなく、16:9であることが帰国後分かって、はがきサイズに全然あわないから困りましてね。ずいぶん時間を浪費して賀状が完成したのです。Lablog 2g にアップしたのが完成バージョンで、下はヤンゴン空港バージョンです。
 こちらの方が良いという方もいるかもしれません。

 今年もよろしくお願い申し上げます。


2014賀状試作ヤンゴン

  1. 2014/01/01(水) 19:06:52|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

師走のさつき

 ノエルのシーズンですね。
 ちょっと早いけれど、メリー・クリスマス!

 この爪で我が家の壁はぼろぼろになりましたよ。
 それでも可愛いのね、このニャろう!

 
カーリング日本女子代表、ばんざ~い!!


1208猫爪を切る02

  1. 2013/12/17(火) 18:19:17|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

武蔵と猫

0912武蔵と猫01



 ブータンでは野良犬は多いんですが、野良猫はあまりみませんでしたね。ミャンマーではお寺にたくさん猫がいましたが、ブータンではやはり犬が多い。犬には名前をつけました、雄は龍之介、雌はタエイコです。
 今日紹介するのは、9月12日に調査したチェリ寺の猫です。お弁当タイムにあらわれましてね。唐揚げの骨をしゃぶってました。猫と戯れている?のは、我らがドライバー武蔵さんです。
 ほかに猫の記憶があるのは、タイガーズネストの展望台と民家ホームステイぐらいかな。また紹介しますので。


0912武蔵と猫03


0912武蔵と猫04

  1. 2013/11/26(火) 17:57:11|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

8月のさつき

1308猫03



 また広告がでちゃいました。ところが、あまり良い写真がないのね。
 ごらんのとおり、彼女は私の書斎がお気に入りの場所の一つです。机に飛び上がって暴れまくるわけではありません。パソコンの蓋の陰が彼女の昼寝スペースでして、眠っている場合もあれば、マウスのコードにちょっかい出してくる場合もある。これがおもしろくてね。
 1階にいる家族が「あの娘どこに行ったんだろう?」って思ってるときは、たいてい私の部屋のパソコンの裏に隠れている。わたしと蜜月の時間を過ごしているわけです。あおむけになって両手をのばし、口を大きくあけて欠伸してるシーンなんて抜群の被写体ですが、そういうときに限って手元にデジカメがない。
 ここだけの話なんすが、じつは一眼レフのデジカメを買ったんです。一眼レフはフィルムカメラでと決めていたんですが、長く使ったニコンF4が壊れてしまい、そのレンズの使えるボディが欲しかった。カメラのキタムラに出向くと、ボディだけで9万円近いお値段だったんですが、これにレンズが2個つくと7万円にプライスダウン。おかげで、いま3本のレンズを抱えてます。
 来月は一眼でちゃんと撮影した写真を掲載しまっせ!


1308猫01

 
1308猫02


  1. 2013/08/26(月) 02:28:54|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
前のページ 次のページ

asa

01 | 2018/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search